スマートフォンサイトへ
思考修整セラピー

今ある悩み・苦しみの思考を修正し 問題を解決・克服するためのカウンセリング

 
  自律訓練法とは、環境の変化やストレスが起因 とした自律神経の乱れによる気分の変調・身体 の変調を整える心理療法であり、心身へのセル フコントロールによりリラックスしたコンディ ションを保つ技術を身につくように指導します。

自律訓練法


自律訓練法に関連性のある項目


自律訓練法

自律訓練法
ここでは、自律訓練法の説明を記しますが、「自律訓練の仕方のノウハウ」ではありません。理由はシンプルで、セルフで自律訓練が機能することはまず困難だからです。そのことをご承知置き下さり読んで頂ければ幸いです。

自律訓練法とは、リラクゼーション法の一つで自分一人でも行う事ができるものですが、実際に一人で実施する場合は、適切な指導者のもとで訓練をする必要があります。自己暗示の一種の為、安易に自己流で練習をして間違った方法を覚えてしまう事は、余計に疲労感が残ってしまうなどの副作用が出てしまう恐れがありますので注意が必要ですが、正しい方法を覚える事が出来れば、わずか数分で全身をリラックスさせる事ができ、心身共にすっかり疲れが取れます。

ご希望の方には、聖心こころセラピーではカウンセリングにて心の状況を把握した上で正しくセルフコントロールである自己暗示が出来るように指導させていただいております。

自律訓練法はドイツの精神医学者シュルツによって創始された手法です。人はストレス状態がひどくなると、不眠や頭痛、過敏な腸によるガスや下痢や便秘などさまざまな身体の不具合が生じます。これらは自律神経の働きが悪くなる事で引き起こされますが、自律訓練法では、自律神経の働きをバランスよくさせる事で、健康が回復されます。

自律訓練法とは、心と身体が密接に関係している事を応用した方法で、身体の緊張をゆったりとさせる事で心のリラックスを促し、心身のバランスを回復させようというものです。 心理カウンセリングなどでは、「まず心の緊張を解きほぐす事で、身体のほうの緊張をもときほぐす。」という事を目指していますが、自律訓練法では逆に、「身体のほうの緊張を解きほぐす事で、心の緊張をも解きほぐす。」という事を目指しています。

自律訓練法の注意事項として、自律訓練法では背景公式を含めて合計7つの公式を順番に心の中で繰り返し唱える事で自己催眠状態に入っていきますが、1回当たりは長くても5分ぐらいに留めておく必要があります。また、心臓・呼吸器・消化器・脳に疾患のある方は危険ですので行わないほうが賢明であり、まずはカウンセリングで状況の把握に努める事が先決です。尚、自律訓練法を終了するときには、必ず消去動作を行わないと、終わった後に不快感や脱力感などが起きてしまう場合もあります。

自律訓練法をマスターする事ができれば、仕事の合間や電車の中などのちょっとした時間で簡単にリラックス効果を得る事が出来るようになります。 ここでは自律訓練法のやり方について明記する事は避けさせていただきますが、ご要望があれば正しく自律訓練法を習得できるまで指導させていただきますので、興味をお持ちの方はお問い合わせ下さい。


 
自律訓練法に関連性のある項目