スマートフォンサイトへ
思考修整セラピー

今ある悩み・苦しみの思考を修正し 問題を解決・克服するためのカウンセリング


お申し込みをお受けできないケース


1.怒りの感情が強い方
他人や外部、職場などでも強い怒りを表しトラブルが起こ傾向の方は、申し訳ありませんがカウンセリングをお受けすることができません。


2.ゲーム依存・ネット依存・不登校・ニート・ひきこもり
不登校または不登校気味でいつもゲームやネットばかりし、親が注意をすれば反抗的な態度を繰り返し、場合によっては暴力や威嚇行為がある場合。
当然、本人は将来への危機意識が欠如し、親が我が子に手を焼きカウンセリングを受けさせたいと考えるも、当の本人が自ら積極的にカウンセリングを受ける意思が無い場合には、申し訳ありませんがカウンセリングをお受けすることができません。
但しご家族の方のご相談はその限りではありません。


3.薬物依存
マリファナ・覚醒剤などの非合法薬物関連の断薬や後遺症などのご相談は、申し訳ありませんがカウンセリングをお受けすることができません。


ご予約についてに戻る    予約フォームに戻る