スマートフォンサイトへ
思考修整セラピー

今ある悩み・苦しみの思考を修正し 問題を解決・克服するためのカウンセリング

 
  性依存症・セックス依存症とは、仮そめの肉体関係による開放感や幸福感を求め、異性との性的関係を衝動的に、或いは慢性的に繰り返す。
その行為が終われば幸福感は即座に去り、寂しさや虚無感、罪悪感に苛まれ自己嫌悪に陥る。

セックス依存症・性依存症「女性の場合」

性依存症・セックス依存症の要因

性依存症・セックス依存症の克服に向けて


女性の性依存症の特徴

性依存症・セックス依存症の危険性

性依存症に関連性のある項目

性依存症・セックス依存症

セックス依存症・性依存症「女性の場合」
「好きでも無い相手の誘いを断れず受け入れてしまい、行きずりの肉体関係を持ってしまった・・・」
こんな経験、身に覚えがあなたにはありませんか?
性依存症セックス依存症とは、性衝動を自分でコントロールする事が困難で主体性の無いセックスをしてしまう状態を指します。性依存症・セックス依存症には次のような特徴が現れます。


女性の性依存症の特徴

何かに失敗したり落ち込んだ時、異性との関係を持ってしまう

イライラしたり落ち込んでいる時にセックスをしてしまうことが多い

性への衝動が高まると自分でコントロール出来なくなる時がある

初めて会った人とでも性的関係をもってしまうことがある

終えた瞬間自己嫌悪に陥り、虚しさや後悔の念に襲われる

性的行為の時だけに「生きている」「愛されている」と実感できる

セックスへの衝動に駆られるとリスクやデメリットを考えられなくなる

性依存症・セックス依存症は、世間の目から見ると女性であれば「男好きの貞操観念の薄い軽い人間」との印象を持たれてしまいますが、実際にはそうでは無く、心の問題が引き起こす衝動性も多分に含まれる行動です。性依存症・セックス依存症に陥る多くの女性には、さまざまな心理的な要因が見られます。

ストレスからの脱出手段
性依存症に陥ってしまう理由の1つとして、セックスが愛し合う行為では無く、落ち込みやイライラというストレスを解消する手段となっている事が挙げられます。その行為は他の行動で得られない程に強烈な開放感や快感を得ることが出来る為、依存症者は「救われた」と感じる様な幸福感を持ちます。またセックス依存症の場合高揚感だけで無く、日常生活のイヤな事から目を背ける事が出来る為「現実逃避」の手段となってしまいます。家庭でも夫の仕事のストレス解消の為の自分勝手な欲望を果たすのに妻を利用している場合も相当に問題です。

存在価値を確かめるための手段
性依存症の場合、深層心理にあるコンプレックスや劣等感をかき消すためにセックスをする事があります。男性はセックスにより女性を支配した気分になる事で「自分は男なんだ女性よりも上なんだ」「自分には力があるんだ」と無意識的な確認作業をします。

女性の場合は 相手に求められることで「私にも女としての魅力があるんだ」「私には女性としての価値があるんだ」と感じる事が出来ます。このようにセックスは心の奥底にある劣等感やコンプレックスをあっという間に払拭する力がある為、性依存症者は益々本来では無いセックスの魔力に引き込 まれてしまうのです。しかしその先にはやはり「虚しさ」が訪れます。

「愛」を感じることのできる手段
セックス依存症の方の心の奥には「自分は愛されていない」という自己無価値感(自己否定感)が存在しています。子供の頃に親の愛情を十分に感じられなかったり、家族間に何らかの問題(両親の不仲、虐待、過保護、兄弟差別など)があると、子供は慢性的に自信の無さや寂しさを感じ、大人になっても無意識的に親の「愛」を求め続けてしまいます。セックス依存症の方はそういった満たされない感情を無意識にセックスという手段で必死に埋めようとしているのです。

では、なぜセックスなのでしょうか。心の穴を埋める道具としては、アルコールやギャンブルもありますが、セックスはそれらとは違い、人との繋がりを直接的に感じることが出来ます。その為、性依存者の方には「愛されている実感」を得る最も有効な手段として手放せません。

しかし問題なのは、そこで得られる満足感や安心感は「一時的」であると言う事です。その為に、行為が終われば虚しさや罪悪感でいっぱいに なり自己嫌悪に陥ってしまいます。「愛されている」と感じた直後に湧いてくるのは、「いつまでも私のことを好きでいてくれないかも知れない」との思いに支配されます。

「見捨てられるのではないか」という強烈な不安です。そして辛い気持ちがどんどんと本人を襲い始めま す。そして「こんな苦しい思いをするならもう止めよう」とその場では思うのですが、寂しさを感じるたびに我慢する事が出来ずまた同じことを繰り返してしまいます。

愛を求め何度セックスを繰り返していても心から満足することは決してありません。そればかりか、繰り返す度に自分を責めるようになり心が 苦しくなっていくことでしょう。 もうこれ以上自分を苦しめない為にも、現実やネガティブな感情から逃げるのでは無く、しっかりと自分と向き合って行かなければなりません。


性依存症・セックス依存症の危険性

セックス依存症は自分ばかりで無く、家族や見知らぬ人にも深刻な被害をもたらす場合があります。

例えば、

過度な性行為による身体への負担

様々な性病感染

望まない妊娠

異性関係を巡る不倫などの家族との不和・離婚

パートナーや子供への性的虐待

経済的問題(風俗店に行く為の借金など)

異性問題での会社や世間への信頼信用の失墜

など、上記のような実に多くの深刻な問題が潜んでいるのです。

「本気じゃないんだから、少しくらいは大丈夫」
「不倫なんて、私だけでは無い」
「誘われたんだから仕方が無い」

と事実を都合のいいように解釈し、セックスを続けるように正当化してしまいます。 そしてどんどん「セックス依存」の深みにはまってしまうのです。
「私は大丈夫」「たいしたことない」と自分で思っていても、意外とセックス依存症のパターンに該当する方も多くいらっしゃいます。一度 「セックスが自分の心や生活や周辺の人達に悪影響を与えているのでは?」と疑ってみる事も大切です。


克服に向けて

「このままではなかなか幸せになれない気がする」
「我慢したくても寂しさから止められない」
「ストレス発散の為にはそうでもしなければ」

このような不安や葛藤を抱きながら日々を暮らすのはさぞ辛いことでしょう。セックスの悩みは、いくら身近な人でもやはり相談しづらい為に、どうしても一人で悩んでしまう傾向にあります。まずは勇気を出して、周りの人や専門家などに助けを求めることが大切です。
名古屋聖心こころセラピーでは、今のあなたの現在の状態や感情を認識、そして潜在意識療法認知行動療法により解放させることで、自立した自己愛に満ちた心を構築していきます。


 
性依存症・セックス依存症に関連性のある項目