スマートフォンサイトへ
思考修整セラピー

今ある悩み・苦しみの思考を修正し 問題を解決・克服するためのカウンセリング

 
  性依存症・セックス依存症とは、仮そめの肉体関係による開放感や幸福感を求め、異性との性的関係を衝動的に、或いは慢性的に繰り返す。
その行為が終われば幸福感は即座に去り、寂しさや虚無感、罪悪感に苛まれ自己嫌悪に陥る。

性依存症

性依存症の要因

夫婦関係を強要する夫

夫婦のコミュニケーション

旦那さんに気持ちを分かってもらう

性依存症の克服に向けて


女性の性依存症の特徴

性依存症の危険性

自己肯定感が低い

夫婦げんかの後の性行為は要注意

性依存症を利用されてしまう

性依存症に関連性のある項目


性依存症

セックスには愛のあるセックスと、愛のないセックスがあり、愛のあるセックスには最上の喜びが得られ、愛のないセックスには虚無感・自己嫌悪だけが残ります。性依存症の人は愛のない性的行為を何度も何度も繰り返します。男女とも満たされない感情を持っている場合には、手っ取り早くその欲求を満たすだけに性行為を行うことで、性行為の相手やあなたの恋人や伴侶の心や身体を深く傷つけている行為でもあることを自覚すべきです。もし自分自身、または恋人や伴侶が性依存症に該当する疑いがあるのであれば、行く末は不幸な方向にしか行きません。当然、結論の帰結は「性依存症の改善」しかありません。満たされない気持ちから一時の快楽に溺れ、やがて癖になり、分かってはいるけどキリがつかない、自分も人も不幸にするこの性依存症からの脱却が必要です。


女性の性依存症の特徴

「好きでも無い相手の誘いを断れず受け入れてしまい、行きずりの肉体関係を持ってしまった…」こんな経験、身に覚えがあなたにはありませんか?
性依存症セックス依存症とは、性衝動を自分でコントロールする事が困難で主体性の無いセックスをしてしまう状態を指します。性依存症・セックス依存症には次のような特徴が現れます。

失敗したり落ち込んだ時、ゆきずりで異性との関係を持ってしまった

イライラしたり落ち込んでいる時にセックスをしてしまう

喧嘩をした直後にセックスを利用して仲直りをする

別れた彼に誘われてセックスをする

性への衝動が高まるとコントロール出来なくなる時がある

初めて会った人とでも性的関係をもってしまうことがある

終えた瞬間自己嫌悪に陥り、虚しさや後悔の念に襲われる

性的行為の時だけに自分の存在理由を確認できる

セックスの際にリスクやデメリットを考えられなくなる

性依存症・セックス依存症は、世間の目から見ると女性であれば「男好きの貞操観念の薄い軽い人間」との印象を持たれてしまいますが、実際にはそうでは無く、心の問題が引き起こす衝動性も多分に含まれる行動です。性依存症・セックス依存症に陥る多くの女性には、さまざまな心理的な要因が見られます。


ストレスからの脱出手段

性依存症に陥ってしまう理由の1つとして、セックスが愛し合う行為では無く、落ち込みやイライラというストレスを解消する手段となっている事が挙げられます。その行為は他の行動で得られない程に強烈な開放感や快感を得ることが出来る為、依存症者は「救われた」と感じ幸福感が得られます。またセックス依存症の場合高揚感だけで無く、日常生活のイヤな事から目を背ける事が出来る為「現実逃避」の手段となってしまいます。家庭でも夫が仕事のストレス解消の為に自分勝手な欲望を満たす目的に妻を利用している場合も相当に問題です。


存在価値を確かめるための手段

性依存症の場合、深層心理にあるコンプレックスや劣等感をかき消すためにセックスをする事があります。男性はセックスにより女性を支配した気分になる事で「自分は男なんだ女性よりも上なんだ」「自分には力があるんだ」と無意識的な確認作業をします。女性の場合は相手に求められることで「私にも女としての魅力があるんだ」「私には女性としての価値があるんだ」と感じる事が出来ます。このようにセックスは心の奥底にある劣等感やコンプレックスをあっという間に払拭する力がある為、性依存症者は益々本来では無いセックスの魔力に引き込 まれてしまうのです。しかしその先にはやはり「虚しさ」が訪れます。


「愛」を感じることのできる手段

セックス依存症の方の心の奥には「自分は愛されていない」という自己無価値感(自己否定感)が存在しています。子供の頃に親の愛情を十分に感じられなかったり、家族間に何らかの問題(両親の不仲、虐待、過保護、兄弟差別など)があると、子供は慢性的に自信の無さや寂しさを感じ、大人になっても無意識的に親の「愛」を求め続けてしまいます。セックス依存症の方はそういった満たされない感情を無意識にセックスという手段で必死に埋めようとしているのです。では、なぜセックスなのでしょうか。心の穴を埋める道具としては、アルコールやギャンブルもありますが、セックスはそれらとは違い、人との繋がりを直接的に感じることが出来ます。その為、性依存者の方には「愛されている実感」を得る最も有効な手段として手放せません。

しかし問題なのは、そこで得られる満足感や安心感は「一時的」であると言う事です。その為に、行為が終われば虚しさや罪悪感でいっぱいになり自己嫌悪に陥ってしまいます。「愛されている」と感じた直後に、「いつまでも私のことを好きでいてくれないかも知れない」との思いが湧いてきて、次第に「見捨てられるのではないか」という強烈な不安に支配されます。そして辛い気持ちがどんどんと本人を襲い始めます。そして「こんな苦しい思いをするならもう止めよう」とその場では思うのですが、寂しさを感じるたびに我慢する事が出来ずまた同じことを繰り返してしまいます。愛を求め何度セックスを繰り返していても心から満足することは決してありません。そればかりか、繰り返す度に自分を責めるようになり心が苦しくなっていくことでしょう。もうこれ以上自分を苦しめない為にも、現実やネガティブな感情から逃げるのでは無く、しっかりと自分と向き合って行かなければなりません。


性依存症の危険性

性依存症は自分ばかりで無く、家族や相手となった見知らぬ人にも深刻な被害をもたらす場合があります。

例えば、

過度な性行為による身体への負担

様々な性病感染

望まない妊娠

異性関係を巡る不倫などの家族との不和・離婚

パートナーや子供への性的虐待

経済的問題(風俗店に行く為の借金など)

異性問題での会社や世間への信頼信用の失墜

など、上記のような実に多くの深刻な問題が潜んでいるのです。

「本気じゃないんだから、少しくらいは大丈夫」
「不倫なんて、私だけでは無い」
「誘われたんだから仕方が無い」

と事実を都合のいいように解釈し、セックスを続けることを正当化してしまいます。 そしてどんどん「セックス依存」の深みにはまってしまうのです。
「私は大丈夫」「たいしたことない」と自分で思っていても、意外とセックス依存症のパターンに該当する方も多くいらっしゃいます。一度「セックスが自分の心や生活や周辺の人達に悪影響を与えているのでは?」と疑ってみる事も大切です。


夫婦関係を強要する夫や痴漢行為などを行う夫

夫婦間の性行為の問題として、望まない性行為を強要されている場合があります。奥さんは嫌なのですが、旦那さんは夫婦間であれば当然だという考えの人も多く、気持ちのすれ違いによって二人の間には溝が出来てしまうこともあります。性依存性の問題は、夫婦間のコミュニケーションの問題でもあり、本来であれば、お互いの合意の下で行われるものであるのが、一方的なものになっていることや、また一時の性衝動が抑え切れないために、不倫や浮気などの不貞行為に発展し、家庭が壊れてしまう可能性も出てきます。そうならないように、日頃よりお互いに問題をきちんと話し合うことなども必要になってくるでしょう。


自分をよく思いたいための性行為

夫が何かにつまずいたり失敗した時やストレスが溜まった時などに、その吐け口のように扱われてしまうのは妻として大変つらいことです。自分が物のように扱われていることに耐えられないこともあるでしょう。拒むと暴力を振るわれるケースなども多く深刻な問題です。一時の性行動により、男性が持っている劣等感やコンプレックスが解放されることで、性行為に溺れてしまうケースもあるのですが、性行為のみに頼らず旦那さんの心を満足させるためには、適切なケアなども必要になってきます。劣等感などが原因であることが多いため、そのコンプレックスを満足させてあげられるような言葉を掛けることも良いですし、「大丈夫だよ」とか、「いつもご苦労様」とか労いの言葉を掛けてあげるのも必要でしょう。旦那さんの中にあるコンプレックスなどについても目を向けて理解を示してあげることで、暴力的な性行為が収まることもあります。


自己肯定感が低いことで起こる

会社ではいつも競争にさらされて常に誰かと比べられているようなストレス社会の中で生きている方にとっては、性行為が自分自身を満足させるための行為だと考えている人もいます。しかし、性行為には相手が居ることが前提となるので、その相手をするのが奥さんであったりする訳ですが、奥さんにも意思があるので望まない性行為はつらいものです。もし、旦那さんにその気配が見られるのであれば、夫婦関係をきちんと向き合うために、話し合いを持たなければなりません。旦那さんはいろいろとストレスを抱えていて、それを発散するすべを見つけ出せない可能性もあります。その中で奥さんに拒否されると余計に意固地になってしまい、夫婦関係に亀裂が入ることにも繋がります。


旦那さんを認めることが大切になってくる

一生懸命に仕事をしている旦那さんのことを認め、労う姿勢なども必要になってくるでしょう。浮気や不倫などの問題も、夫婦関係の在り方を考える上での一つの手段になるかもしれません。性依存症は一種の依存症になりますので、やめようと思ってもなかなかやめられないという特性を持っています。そういった中で、不倫を責めることや、強制的な性行為を拒むことは難しいことになってきますので、旦那さんの性行為を正常なものにするには夫婦間の関係を見直すことが肝要と考えて、奥さんも一緒に旦那さんの性依存症に立ち向かっていって頂きたいと考えます。また、社会の中で完璧な夫、父親を演じようとしている場合においても、そのストレスが性依存症に向かわせている場合もあります。どこから見ても完璧であった人が、性犯罪で捕まるケースなども出てきており、無視できない問題になっています。旦那さんにどこか無理や負荷が掛かり過ぎていないかをしっかりと見つつ、あまり無理をしないように伝えることも必要です。


夫婦のコミュニケーションを密にとる

夫婦其々に毎日仕事や家事に忙しくしていると話をする機会が次第に少なくなってきます。それが長期に続けば、自分は伴侶として相手から必要とされているのかなどと疑問を持つようになり、孤独感や疎外感でポッカリ空いた穴を埋めるために、家庭外での性行為に身を任せる可能性が出てきてしまうのも不思議ではありません。そしてお互い埋められない感情を埋めるために、一時の快楽に溺れてしまい、それを放置しておけば家族が壊れることにもなりかねません。旦那さんの浮気や不倫などの性依存症の兆候を見かけたなら、旦那さんとよく話をして、旦那さんの中にあるストレスや考えなどにも目を向ける必要があるでしょう。旦那さんだけを責めるのではなく、自分もなにか旦那さんに対してして問題は無かったのか、してあげられることは無かったかと考え、発言や行動することも必要になります。旦那さんに興味を持ち、構ってあげることも必要になるでしょう。しかし、旦那さんから愛され可愛がられ大切にされている実感が持てなければそれも困難なのは良く理解出来ます。キッパリ離婚する気が無いのであれば、夫婦そろってカウンセリングを受け、「夫婦再生」へ取り組んでみてはいかがしょうか?


旦那さんのどんなところが好きですか?

奥さんは旦那さんのどんなところが好きでしょうか。どういうところに惹かれて、素敵だなぁと思いますか?そのように思う気持ちなどを旦那さんに伝えるのもいいかもしれません。「こんな優しいところが好きだよ」とか、「お仕事を毎日頑張ってくれてありがとう」とか、相手を認めて敬う発言をするのはどうでしょうか。家族だから照れくさいと思うこともあるかもしれませんが、頑張っていることを認めることで、相手の気持ちも和らぎ、性依存症などの行為が落ち着いてくることもあります。性依存症の場合には、自分の中での満たされない自分はダメだという思いが渦巻いており、それを一時忘れる行為として性行為を行ってしまうことが多いので、夫婦関係を見直して、また相手のことを敬い尊敬できる関係にしていくことで、夫婦関係が良くなっていくケースもあります。


夫婦げんかの後に性行為で仲直りする場合には注意を

夫婦喧嘩をした後に性行為をすることで仲直りした気持ちになる夫婦などもいますが、性行為による仲直りというのは言葉でどう表現してよいのか分からなくてしている行為ですので、なるべくであれば、言葉できちんと申し訳ないということを表現したほうが良い場合が多いです。イライラを鎮めるために性行為に及んでしまうのは、性依存症に該当しますので、あまり好ましいことではありません。性行為で気持ちを一時開放するよりも、コミュニケーションを積極的に取ることで、夫婦の信頼感を高めていく方法もあります。一緒にいる時間が長くなってくれば、お互いに話もしなくなることも出てきますが、そんな時には、間に誰か第三者を挟んでも良いので、話し合いの場を持ち、お互いに考えていることを知るよい機会にしましょう。セラピーには土日には3〜4組はご夫婦で来られ、夫婦の共通認識を深めるための取り組みをしており、危うくなった夫婦関係の修復、改善のために良い結果を出していきます。


旦那さんの浮気や不貞行為などの性依存行為は自分にも理由があるかもしれない

旦那さんの浮気や不貞行為を見つけると、どうしても相手を責めたくなるものですが、そういう行動に対して、自分にも原因がなかったかということを冷静に考えてみる必要も出てきます。日頃から旦那さんに冷たく接したり、無関心だったりすることはなかったでしょうか。子供さんがいる場合には、子供さんばかりに目が向いて、旦那さんをないがしろにしていることなどは無かったでしょうか。そのような夫婦関係を見直すことも大切になってきます。旦那さんにも興味を持ち、好意をきちんと伝えることは非常に大切です。また、旦那さんから意に反した性行為を強要されている場合も、それは対等な夫婦関係とは言えないので、きちんと話し合いをもって解決するべき問題です。そこで、その行為が嫌だからと拒絶することで、男性の心が離れてしまうこともありますので、旦那さんの気持ちを受け止められるような自分の精神状態を持つことも大切になるでしょう。よく話し合って、付き合い始めた時のようなお互いを好きだと思う気持ちなどを再び持つことが出来れば、夫婦関係が改善していく場合も多いです。共依存の状態に陥ることとは違って、旦那さんを一人の男性として敬い、そのストレスなどを解放してあげられるように努めることも必要です。旦那さんが性依存症であれば自分のためにも、家族のためにも懸命に考え克服に向けて出来ることから実行して行きましょう。


旦那さんに気持ちを分かってもらうことも大切

奥さんは自分が何を考えて、どのように感じているのかをきちんと伝えることもいいでしょう。旦那さんの性依存症については、旦那さんだけの問題として無視するのではなく、自分も家族として出来ることはないかと考えることもいいでしょう。性依存症は一種の病気とも言えるので、放置せずカウンセリングなどを受け、自己肯定感と自己愛を高めていき、不幸を招く性依存症から脱却し自分自身の尊厳を持ち、ストレスに負けない精神状態を作ることが必要になってきます。奥さんは旦那さんを見守り、過度なストレスがあるのを見過ごさないで、夫婦間の問題として受け止め、一度夫婦でカウンセリングを受けることをお勧めします。


女性への性依存症の問題

性的虐待や性行為などを通して、一時の自分の辛さを紛らわすために性行為に及ぶ女性もいますが、自分の心の負担や、病気の問題などを考えると身体にとっても精神にとっても感心出来ることではありません。イライラしたり、落ち込んだりという感覚は誰しも持っているものですが、そこは自分自身でしっかり考え、その現状を打破するために努力を重ねることが大切になります。性依存症の方は自己肯定感が希薄なため自分のことを認められずに、自己嫌悪に悩んでしまう場合には、誰かと肌を重ねることで不安を打ち消すのではなく、他の方法や手段を講じることにより自分の世界を広げることが肝要です。身体をむやみに男性に委ねなくても、自分は愛される存在なのだということに気づき、自分を大切にすることも必要になってきます。自分自身でその考え方を身に付けることが難しく、一人で悩んで落ち込んでしまう場合には、聖心こころセラピーへお越し下さい。しっかりと盤石な自己肯定感を持って頂き、自己を愛し幸福になる精神を自分のものとするよう、カウンセリングを始めコーチングや認知行動療法などを駆使して期待に応えていきます。


性依存症を利用されてしまう場合も

女性の場合においては、性的な満足を満たそうとする男性に利用されてしまうという危険な一面も持っています。自分は愛されたいがために行っている行為でも、相手はただ自分の欲望を満足させるためだけに、利用している人もいますので、自分をさらに傷つける行為になってしまいます。性行為で一時の快楽を得るのではなく、つらいことにも耐える時間が必要になるかもしれません。性行為をしている間は、忘れられるかもしれませんが、自己嫌悪感はまた繰り返し襲ってくるものなので、その湧き上がるような自己嫌悪感を改善するために、自分の考え方を変えていく必要があるでしょう。あなたの体を狙って近づいてくる男性がいることを頭において、それに流されないようにすることも大切です。性行為に一時的にはまり込んでも、根本的な解決にはならないことを、恐らく自分自身が本当は一番よく解っているはずです。一種の癖になっているとも言える性依存症をいち早く解決し本来の自分に戻りましょう。


自分を認めて許すことも大切

性依存症の方に限られることではありませんが、人は失敗したり、何か上手くいかないことが続いたりすれば、落ち込むことは誰しもあることですが、そこで逃げたり避けたりするのではなく、自分の心と向き合い、どのようにつらく感じるのか、ではどうするとよいのか、などをじっくりと考える時間も必要です。もちろん、自分が悪い訳ではなくその状況に陥っている場合などもありますので、そこで自分を責め自己嫌悪に陥ってしまうのではなく、「ではどうしよう」と方法論を考えなければなりません。一人で思い悩むことが辛い場合には、カウンセラーや専門家などに自分の胸の内を話すことも必要です。こんなことにイライラして、こんなことが辛いということを吐き出しつつ、ではどうするといいのかということを学んでいくことで、心が軽くなることも多いでしょう。つらく悲しい経験は、思い出したくなくても、思い出されてしまう場合もあるかもしれません。自分の存在が無価値だと思ってしまう場合には、その考え方を変えることも必要になってきます。


性依存症特有の自分の中にある虚無感・無価値感を変えていく

自分の中にある「自分は無価値なのではないか」という感情を失くしていくことが必要になります。そのためにも性行為がなくとも愛情を感じられるような関係を築いていくことで、性依存症から解放されていかなければなりません。愛情の形は人それぞれあっても、自分を傷つけるものではないことに気づくことが必要です。性行為で自分の劣等感やコンプレックスを一時的に開放することよりも、多少つらいことがあったとしても、それに立ち向かっていく精神力も必要になってくるかもしれません。そのつらさに立ち向かっていくためには自分の考え方を変えていき、自分を価値のある存在だと認められるようになることが、性依存症を克服する第一歩でもあります。つらい自分の気持ちを性行為などで紛らわさずに、自分の心の中を整理して、どんなことをストレスと感じて、どうすればそれが改善していくのかを考え実践していくことも必要になるでしょう。


克服に向けて

「このままではなかなか幸せになれない気がする」
「我慢したくても寂しさから止められない」
「ストレス発散の為にはそうでもしなければ」

このような不安や葛藤を抱きながら日々を暮らすのはさぞ辛いことでしょう。セックスの悩みは、いくら身近な人でもやはり相談しづらい為に、どうしても一人で悩んでしまう傾向にあります。まずは勇気を出して、周りの人や専門家などに助けを求めることが大切です。
名古屋聖心こころセラピーでは、あなたの現在の状態や感情を認識し、そして潜在意識療法認知行動療法により解放させることで、自立した自己愛に満ちた心を構築していきます。