スマートフォンサイトへ

夫婦関係・夫婦問題はカウンセリング名古屋聖心こころセラピーへ


名古屋 夫婦関係・夫婦問題

夫婦関係・夫婦問題          Writing By Kitayama

夫婦問題


 夫婦関係改善に向けて

女性は、家事・育児の大変さに加え、そこへ更に夫の自分への不理解や夫への不信感も重なり、何をやっても上手くいかない自分が情けなく思い全ての自信が崩壊したような気分に陥ります。
一方男性も、 仕事に追われ、妻の気持ちも分からず、妻の要求や不満な状況を回避してしまいがちです。
コミュニケーションが上手くとれている夫婦は、問題が発生しても考え方を工夫することで素早く解決することができます。
そのような夫婦関係を目指し、良好な家庭を築いていけるよう聖心こころセラピーでは夫婦カウンセリングにより最善の夫婦関係を構築していきます。
夫には世帯主としての自覚を、妻には女性らしさの復活を、夫婦共々「色々なことがあったが本当に君と結婚してよかったよ」の関係まで話し合いによって持っていくことは、実はそんなに難しい作業でもありません。
そのノウハウは持っています、是非お気軽に相談にお越し下さい。

夫婦関係でお悩みの専業主婦Nさんのケース
Nさんは熟年期を迎え夫婦関係の問題などについて悩み、うつ性の不眠や不安を解消したいと、カウンセリングにいらっしゃいました。
Nさんの夫は結婚当時から家庭を顧みないような企業人であった為にこれまでの長い期間滅多に二人でゆっくり過すことは無く日頃の会話も無きに等しい状態であったそうです。
そんなNさんにとっては常に、夫不在・父親不在感が強く、「家庭の事は、子供達の事は全部自分がしっかりやらなくては」と、Nさん自身が母親・父親の役割を誰にも相談できず孤軍奮闘をされていました。
それでもNさんには二人の子供との関係が救いであり寂しさを感じない要因が親子関係のコミュニケーションにありました。
しかしやがて成長した子供達は就職や進学の為、親元を離れそれぞれの生活の場を求めて独立して行くことになり、その為、今までの心のバランスを保つ「親子の会話」は子供達の独立と共に話し相手が不在となり、やがて孤独感や疎外感がつのり、感情のコントロールが難しくなり、「うつ状態から不眠」に陥りました。

巣立っていった子供達の後、再び夫婦二人という新婚生活に戻った訳ですが、今まで疎遠だった夫と今更どう接していいのか分からず、また、今までの夫の家庭に対する責任に不満もある為に素直に夫にも相談できず苦しんでいる事をカウンセリングで打ち明けていただきました。
じっくりお話をうかがい、問題の根源を整理し分析する事によって、子供達への依存を解消し、ご主人と共に生きると共に、横のつながりである友人関係への自然な関係の在り方などが出来るように対処することに専念しました。
カウンセリング・セッションを数回繰り返して頂きながらご主人にも、一度お越し頂き今後の「夫婦の在り方」を理解していただきました。
そして次第にNさんは本来の明るい笑顔が戻り、趣味やオシャレを楽しむ余裕が出てきました。
今では夫婦関係の問題を克服し、ご夫婦でゴルフを楽しんだり旅行に行ったりと、二人の時間を楽しんでいらっしゃいます。
元気になったNさんからは、今では逆に私の方がエネルギーをいただいています。

※上記は本人の承諾を得た上で掲載しております。また改善の度合には個人差があります。


 

カウンセリング名古屋聖心こころセラピートップページへ



TEL:052-951-7133

コンテンツ
悩み・相談内容
カウンセリングの特徴
カウンセリングの進め方
心理療法の有効性
お申し込み・ご予約について
予約カレンダー
料金のご案内
聖心こころセラピーQ&A
ご案内図
カウンセリングセラピールーム
カウンセリングセラピストプロフィール
北山想ブログ
アシスタント日記
レクリエーション倶楽部
プライバシーポリシー

カウンセリング名古屋聖心こころセラピー


●サイトマップ●

カウンセリング名古屋
聖心こころセラピー
愛知県名古屋市東区泉1-7-35
廣文社ビル3階
栄TV塔近く


カウンセリング名古屋聖心こころセラピー

Copyright (C) 2008 Nagoya Seishin Cocoro Therapy.All Rights Reserved    当ホームページの画像を含むコンテンツの全部または一部を無断転用・転載することは法律で禁止されています。