スマートフォンサイトへ
思考修整セラピー

今ある悩み・苦しみの思考を修正し 問題を解決・克服するためのカウンセリング

 
  境界性人格障害とは、被害者意識が高く、些細なこと、少しでも気に障ることがあれば、強い怒りを持ち、如何に相手の配慮の無さにより自分が傷付けられたかを詭弁を駆使し執拗に訴え長時間責め立て続ける人格を持つものである。

境界性パーソナリティ障害

境界性パーソナリティ障害の種類

境界性パーソナリティ障害の根本原因

境界性パーソナリティ障害に関連性のある項目

境界性パーソナリティ障害診断チェック

境界性パーソナリティ障害と周りの人々

境界性パーソナリティ障害克服に向けて

境界性人格障害・境界性パーソナリティ障害

境界性人格障害・境界性パーソナリティ障害
境界性パーソナリティ障害」とは、元々神経症と精神分裂病の「境界」に位置するパーソナリティ障害であるためこの呼び名が付き、通称「ボーダー」とも表現されます。

この境界性パーソナリティ障害は女性に多く日本だけでも推定100万人〜200万人程いるとされており、全女性の1%〜3%に相当します。
また年々その人数が増加しているようです。

境界性パーソナリティ障害は中高生辺りから障害が活発化し、遅くは成人初期から生じることもあるこのパーソナリティ障害は、常に精神的に不安定であり、感情の起伏が相当に激しいため、対人関係を円滑に構築することができません。

境界性パーソナリティ障害の症状の現れ方は様々であり、当初は誰にでも人当たりもよく自己表現も上手で人の気持ちを掴むのに長けている印象を持たれる場合も多くありますが、次第に本来の境界性パーソナリティ障害と言える性質が前面に表れてきます。
狂言的自殺未遂を繰り返したり、被害妄想に囚われ続け他に徹底した攻撃性を見せます。

その他にも衝動的な行動や、不安や寂しさから人や物に過剰に依存してしまうことにより、逆に対人関係のストレスを自ら産み出してしまい、周辺から孤立した状態へと陥ってしまう傾向があります。

境界性パーソナリティ障害の方のコミュニケーションの取り方は非常に不器用であり、相手と適切な距離感が分からないことが特徴です。

普通に楽しく会話をしていたのに、何か少しでも気に要らないことがあれば急に攻撃的になり、その後手のひらを返したように温かい態度を示したりします。
周りの人はこの豹変ぶりに着いていけず、本人から離れて行き、もしくは一時的に距離を置いたりしますが、それがパーソナリティ障害とは分からず「短気」「ヒステリック」「難癖つける人」「面倒くさい人」として終わってしまう事が珍しくありません。

また症状が比較的軽いと、一見周囲に上手く適応して見えることもあり、知らず知らずのうちに症状が深刻化している可能性もあります。


境界性パーソナリティ障害 診断チェック

人の好き嫌いや敵味方がハッキリしている

自分の思い通りにいかないとかなりストレスを感じる

周囲の人から見捨てられそうな気がし急に不安になる

自分を無性に傷つけたくなる時がある

自分と意見の異なるものには違和感を覚える

友人や同僚など人間関係が長く続かない

一日の中でも気分が急激に変わることがある

自暴自棄になり死を考えることもあり、死を仄めかす発言が過去にあった

やるべきことに集中できず、自分が好まないことには気が乗らずヤル気が起きない

頭から嫌な事がこびりついて離れずひと悶着起こさないと収まらない

自分がどうゆう人間で何をしたいのか分からない

慢性的に空虚感を感じている

熱しやすく冷めやすい

一旦怒り出すと、感情をコントロールすることが難しい

人の気持ちをコントロールしたくなる時がある

家族に必要とされてないように感じる

他人を強く恨むことが時々ある

最初は好意を持っていた人がいても、突然失望してしまいガッカリする

自分が傷ついた分、相手にも同様の報いが必要と感じることがある


境界性パーソナリティ障害の種類

「境界性パーソナリティ障害」の表面化される症状はさまざまであり、以下のタイプに分類することができます。

1.「自暴自棄型」境界性パーソナリティ障害
精神的ストレスや、強い不安を感じたときに暴走行為を起こします。自殺未遂、リストカット、オーバードーズ(適量を超えた薬を服用する)をしたり、時には犯罪的行為を繰り返すこともあります。

2.「依存強化型」境界性パーソナリティ障害
不安や空虚感から一人でいることに耐え難い苦痛を感じ、誰かに頼って生きて行こうとするタイプです。
人を自分の味方に引き込んだり取り込んだりする術が巧みで常に誰かにパラノイア(寄生)することで生きていきます「共依存」はこのタイプの事を指します。

3.「自己愛型」境界性パーソナリティ障害
人から嫌われたり、見捨てられる自分を感じないように、自分を特別な存在だと思い込むタイプです。
自分のことばかり話したり、人から批判されることを極度に嫌い、過剰に相手に怒り恨みに思う傾向が強いパーソナリティ障害です。

4.「攻撃型」境界性パーソナリティ障害
不満があると、激しく周囲に当たり散らします。家庭内暴力を引き起こしたり、ストーカーに発展することもあります。
一旦怒りを覚えると相手にそれ以上の打撃を加えようとする攻撃性を持つのが特徴です。

5.「快楽型」境界性パーソナリティ障害
不安や空虚感を和らげるために、衝動的に快楽を求めてしまいます。
セックス依存症、ギャンブル依存症、薬物依存症などに陥ることが多いタイプです。
0 周囲は理解に苦しみ、ふがい無さを覚えますが、境界性パーソナリティ障害の中ではおとなしい部類です。

6.「引きこもり型」境界性パーソナリティ障害
傷ついたり、見捨てられるという恐怖心から、引きこもって安心感を得ようとします。
理想的な人間関係が築けないと直ぐに引きこもってしまいます。 社会不安障害などが複合的に絡み合い、他の境界性パーソナリティ障害に比べれば比較的おとなしい部類です。

このように様々なタイプがありますが、「境界性パーソナリティ障害」に対して1つのタイプに独立している訳では決してなく、様々な型が複雑に絡み合っていたり、上記のタイプ全部を併せ持つ人も珍しくありません。


境界性パーソナリティ障害と周りの人々

境界性パーソナリティ障害の人は、自分の症状がパーソナリティの問題だという自覚が乏しく、問題が起きるのは周りが悪いと思い込む傾向が強くあります。

「自分が正しい」という強い意識があるために、周りからの適切なアドバイスや思いやりのある言葉を素直に受け入れることができず、それどころか不必要に相手を批判したり、喧嘩を始めてしまい「良好な人間関係」を自ら破壊してしまうことも珍しいことではありません。

このような衝動的な言動や不安定な精神状態によって、周囲の人を困らせてしまうことも多い筈です。

些細な事で怒ったり、自殺をすると騒ぎ立てたり、激しい感情の揺れや問題行動から本人だけでなく家族の方も将来を悲観的に見てしまうことでしょう。
親であれば「育て方が悪かったのかもしれない」と自分自身を責めたり、どう対処していいか分からず本人に振り回され、結果的に状況を悪化させてしまうことも少なくありません。


境界性パーソナリティ障害の根本原因

境界性パーソナリティ障害の多くの人が抱いている「見捨てられ不安」は、特に幼少期に母子関係に問題があったことが原因とされています。

母親から十分な愛情や保護を得ることが出来ず、子供に必要な「安心感」が無い環境では、子供は健全な自立をすることができません。
その結果、思春期以降にボーダーラインいわゆる境界性パーソナリティ障害を発症してしまうことがあります。

母親に強い不安や依存心があったりすると、母親は子供が自立することに対して寂しさを感じることがあります。
そういった母親の態度や表情を読み取った子供は、母親から遠ざかることを悪いことにように思えてしまい、母親との分離に対して「不安」を抱くようになります。

本来、子供は母親の存在が「心の土台」になることで自立へのステップを踏み出すことができるのですが、見捨てられ不安を持った子供は自立をすることよりも、「母親に依存することが良い事」だと思い込んでしまいます。

また、母親との分離は「自分と両親が異なる存在だ」と気付く大切な時期です。
その時期に、親と自分との境界線をしっかりと引くことができないと、他人との距離の取り方が分からないという状態につながります。

父親の不在や親子関係の歪み(過保護や過干渉)なども要因になることがあるため、母親だけが原因とは言い切れませんが、親からの見捨てられ不安が境界性パーソナリティ障害に大きく影響していることは一つの大きな要因と言えます。

しかし親がそのような面が多分にあったとしても「そこまでするか」とまで感じてしまう程の攻撃性には、産まれ持っての気質としか思えない異常性も存在するのが事実です。

また、境界性パーソナリティ障害の方の多くが、「自分の存在意義が分からない」「生きがいを見つけられない」といった感覚を持っています。
親から自立することが出来なかったということは「自分自身として誕生すること」に失敗したと言い換える事ができるかも知れません。

「自分らしさ」や「ありのままの自分」を確立することが出来ずに成長した大人は、自分の存在価値を見出せず、心の不安定さを持ち続けることになります。


境界性パーソナリティ障害の克服にむけて

境界性パーソナリティ障害は、症状が悪化すると「統合失調症」のように被害妄想が高まり、攻撃性を増し人間関係に亀裂が生じやすく、また、うつ状態や不安障害、摂食障害を引き起こすこともあります。

この中でも一番合併しやすい症状はうつ状態であり、境界性パーソナリティ障害の約80%が併発していると考えられます。
こういった合併症に悩まされる前に、症状を早期に改善し、本人だけでなく周りの人たちも安定した生活を取り戻す必要があります。

名古屋聖心こころセラピーでは、まずは本人の症状や置かれている状況を認識し、自覚して頂くところから始まります。
そして、人に対する見放され感などの慢性的な不安を解消し、素直に相手を理解を求め、円滑な対人関係を築くことができるようにコーチング・カウンセリングにてサポートいたします。

「自分自身の不安感を収めるものは、もはや家族や友人ではなく自分自身の中に見出すことしかありません」