スマートフォンサイトへ
思考修整セラピー

今ある悩み・苦しみの思考を修正し 問題を解決・克服するためのカウンセリング

 
過食症  過食症とは、自身の持つ思考パターンにより気付かない内に仕事・家事・育児・人間関係などに過度なストレスが生じ、精神の制御の限界を超えた場合に起こるストレス性の不安障害であり、親子・家族問題の未処理も原因となる。

過食症

過食症の表面的原因

過食症になる人の性質

過食症に関連性のある項目


過食症の起因

過食症の背景・根本原因

過食症の克服に向けて


過食症

過食症(摂食障害・神経性大食症)
痩せた体型への強い憧れや、仕事や人間関係・親子関係・育児などのストレスなどから起こるこの過食症は、日本でも年々増加しています。基本的に10代から20代の女性に多く見られる症状ですが、最近では少数ではありますが男性が過食症になってしまうことも。

過食症に陥ると、食欲のコントロールを失い制御不可能となり、ある一定の時間内に大量に食べてしまう状態になります。太らないように、また、過食が無かったことにする為に食後に無理な嘔吐をしたり、下剤などを服用し食べたものを人為的に体外に出そうとします。

誰でも「今日は食べ過ぎてしまったな」と後悔をすることがあるかと思いますが、過食症はこのような“食べ過ぎ”とは明らかに違い、食事をコントロールできなかった自分に対して、必要以上に罪悪感を抱き、自己嫌悪に陥る傾向があります。

「過食症」は大量に食べ過ぎてしまうのに対し「拒食症」は食事をしないという違いがあるため、一般的に正反対のものと思われることが多いのですが、どちらも共通して肥満に対する強い恐怖があります。また「過食症」と「拒食症」は根本原因が同じであったり、両者間を繰り返すこともあるため、はっきりと区別することができません。

その為「過食症」と「拒食症」はまとめて総称を「摂食障害」と呼ばれています。
摂食障害は、精神に不安定な変化をもたらすだけではなく、酷い場合には、命の危険や、社会生活が困難になる程危険なものです。それにも関わらず、ただのダイエットと思い込み、過食に拒食に陥っていることに気がつかない人も多くいらっしゃいます。
あなたは大丈夫でしょうか?

以下のような症状があると、「過食」に陥っている傾向があります。

ストレスを感じると、食べずにはいられない。又は食事の量が増える

一旦食べだすと止まらなくなってしまう

体重が減っていたとしても、満足せず、まだ太っていると思う

なぜ食べ過ぎるのかが自分では解らない

体重をキープするために、太りたく無いために食後に吐いてしまう

お腹が空くと、体調が悪くなったり、精神的に気分が悪くなる

食べ過ぎた後、必ず後悔し惨めな気持になってしまう

周りの人から太っていると思われている気がする

スタイルの悪い自分には価値がないと思っている

痩せるためにハードなダイエットをしたことがある、または今している

お腹が空くのが人より早い気がする

夕食前なのに夕食後なのにわざわざコンビニなどに食品を買い求めに行く

いつも冷蔵庫が食べ物で満たされていないと不安

いつも手元につまめる嗜好品がないと落ち着かない

3つ以上当てはまれば過食ラインを超えている可能性が大きいと思われます。


過食症の起因

摂食障害の引き金は、やはりダイエットであることが多いようです。現在、社会的に痩せている女性がもてはやされると考える女性が多く(男性側の視点では痩せてる女性を好むとは全く限らないのではあるが)、ダイエットは女性にとってはまるで命題のように感じるようになりました。

「痩せていることが美」とされがちな今、周りからの「太ったね」というちょっとした言葉が過食のきっかけになることも少なくありません。特に、10代の女子は身体的な成長に不安を抱く年頃であるため「成長することイコールそれは太ること」のように思えてしまい、食事制限を始めてしまうこともあります。


過食の表面的原因

過食が、「分かっていても止められない」のには、様々な理由があげられます。

最初はダイエットなどをきっかけとして「食べても出してしまえばいい」と自ら食事をコントロールしていたのが、過食症に移行するようになるといつの間にか「食べないと気がすまない」という不安状態に陥ってしまいます。それは、極度の食事制限をすることで栄養不足の状態が進むと、脳内の食行動を調節するシステムが正常に機能しなくなるためです。そのために普通の量では満腹感を感じられなくなってしまい、思いとは逆行しつい食べ過ぎてしまいます。

また、摂食障害に陥る人のほとんどが、独特のこだわりや、極端に歪んだ考え方を持っています。十分痩せているにも関わらず自分のことを「まだ太っている」と思い込み、明らかに身体の異常を感じているのに「ふつうの体型をしていれば大丈夫」と思っていたりします。中には「肥満になったら人に嫌われる」とさえ思い込んでいる人もいる程です。このような歪んだ考え方が、本人の自覚を遅らせ、周りが気付いたころには相当に摂食障害が進行しています。


過食症の背景・根本原因

このような考え方の背景には、家庭環境・家族関係の問題があります。摂食障害の方は、幼少期、思春期に家庭に何かしらの問題(両親の別居、両親との信頼感・親密さの欠如など)があることが非常に多く、中でも、過保護や過干渉、父親の不在、母親が過度に愚痴や批判性が強いケースが多く見られます。

例えば、母親が子供に大きな期待を掛け過ぎているために、「あれはダメ、これはダメ」と子供に否定的態度となり、お稽古事や受験などで子供を追い立て、親自身の虚栄心を満たそうとする母子関係は特に要注意だと言えます。

よき理解者となるべき母親が、子供の心をあまり理解せず、自分の自尊心のために無意識にコントロールすれば、子供は母親から無条件で受け入れられているという安心感を得ることができません。そのため、子供はもっと頑張らければ母親に愛されないと思い込むために「完璧主義」や「優等生」の性格を持つようになるのです。

母親からしてみれば、「あの手のかからなかった子がなぜ・・」と思うことでしょう。子供が「良い子」として生きてきたが故に、摂食障害を受け入れることが出来ない両親も少なくありません。しかし、本人にとって過食は「もっと私を理解をして欲しかった」という心のサインだと言えるのではないでしょうか。


過食症になる人の性質

「優等生・良い子」として生きてきた人は、周りに気を使う優しい子であるため、悩みがあっても一人で抱え込みやすくなります。また、自主性があまり無いことから、周りの意見に影響されやすくなり、何気ない一言でも過剰に反応してしまうのです。

一方「完璧主義」は、何事もとことんやらないと気が済まないために、常に「もっとこうしなければならない」と自分自身を追い込む傾向が強くあります。いずれの性格も、ありのままの自分を受け入れることができず、少しでも理想の自分に近づけないと「自分はダメな人間だ」と自己否定してしまうことが多いようです。
このようにして、摂食障害につながる歪んだ考え方が形成されてしまいます。


過食症の克服に向けて

過食・嘔吐を繰り返していると、心と体に様々な異常が現れます。合併症として、うつ病強迫性障害、無月経や臓器の異常など数え切れないほどの症状が連鎖的に引き起こされることもあるため、自分の体に常に注意を払う必要があります。改善のために、体調管理や生活の見直しをするだけでなく、まずは本人が快適に過ごせる考え方を身につけることも重要です。

自己愛を失った過食症の方を自分を愛する心と「根本原因」を正しく理解することで現在までとらわれ続けてきた「歪んだ考え方」や「間違った価値観」を見直し、改善を図り、もっと自由な生き方ができるようにしていきます。


「過食症からの脱出は難しいことではありません。解決策は十分に心得ています。」