スマートフォンサイトへ
思考修整セラピー

今ある悩み・苦しみの思考を修正し 問題を解決・克服するためのカウンセリング

 
不安障害  不安は通常誰にでも持ち合わせているものだが不安の対象に合理性を欠き、制御が難しければそれはもはや不安障害となる。その不安による苦しみは絶大であり、そのことが片時も頭から離れず日常生活・社会生活に大きな支障が出る。

不安障害

不安障害は現代病

不安障害の克服に向けて


不安障害の種類

不安障害に陥る方の特徴

不安障害に関連性のある項目


不安障害

不安障害
仕事のこと、家族のこと、将来のことなど、誰もが生活をする上で多少の不安や心配事を心に抱えて日常を過ごしているかと思います。どんな偉人や賢人スーパースターにおいても今までに不安な気持ちと無縁だった人など皆無でしょう。

私たちは「不安」という感情に対し、どうしてもネガティブなイメージを持ってしまいますが、本来「不安」とは自分に危機が迫っている場合、一刻も早くその状況を回避する為の防衛システムの役割を果たしています。実は私たちにとって「不安」は最も身近な感情であり、生きていく上で不可欠な存在でありむしろ肯定すべき存在なのです。

しかし人は「不安」な気持ちが発生すると、心がモヤモヤするだけではなく、じっとしていられなかったり、心臓がドキドキしたり、或は冷や汗をかいたりと不快な症状が現れ始めます。はっきりとした明確な不安の対象が存在しており、自分でこのような不快な症状を制御コントロール出来るのであれば、それは「正常な不安」だと言えますが、然したる理由もないのに不安が生じたり、明確な不安がある場合でも長期に渡りその不安が継続した場合には「病的な不安」が疑われます。

病的な不安を抱えれば“不安”そのものが必要以上に気になってしまい、ついには日常生活に支障をきたしてしまうこともあります。そのような不安は心の病気の大きな分類として「不安障害」と呼ばれています。
「不安障害」とは、不安感が中心症状となる疾患をまとめた総称です。

不安障害には、パニック障害不安神経症(全般性不安障害)・恐怖症性不安障害強迫性障害(強迫神経症)・社交不安障害(社会不安障害・SAD)・外傷後ストレス障害(PTSD)・急性ストレス障害・適応障害分離不安障害心気症など様々な種類に分類されています。


不安障害の種類

パニック障害
パニック障害とは「突然、脈絡もなしに訳の分からない恐怖を感じ狼狽し大混乱をする」状態に陥ることを指します。

女性の発症率は男性の比ではない程に非常に高く、症状としては、眩暈(めまい)・動悸・発汗・窒息感・不安感・死んでしまうのではないかと思う程の恐怖感などがあります。一度発作を経験してしまうと、また起きるのではないか?との「予期不安」が常につきまとうようになり、パニック障害を恐れるが余り、電車やバスなどに乗り、外出が出来なくなります。パニック障害の二次的に発生したこのような症状は「広場恐怖」との名称でも用いています。

さらに詳しい内容はこちらへ パニック障害


不安神経症(全般性不安障害)
はっきりとした明確な理由がないのにも関わらず強い不安感が起こり、それが長期間に渡り続くというものです。仕事や家族の事などが次々と心配になり、イライラしたり、落ち着かなくなるなど気持ちが安らぐ事がありません。また強い不安から、肩コリや偏頭痛、睡眠障害などの様々な慢性的身体症状を引き起こします。 しかし実際には本人が気が付いていないだけで多くのケースとしてはそれなりの理由はあります。

さらに詳しい内容はこちらへ 不安神経症


恐怖症性不安障害
恐怖性不安障害とは、通常危険と判断する必要のない様々な対象や場面に対して、異常な恐怖感を抱きその対象や場面を避けてしまう症状を言います。

例えば、逃げ場がない状況に身を置くことを恐れてしまう「広場恐怖症」他人と接することに対して予期恐怖を感じてしまう「対人恐怖症」その他、高所恐怖症・暗闇恐怖症なども恐怖症性不安障害に含まれています。その恐怖により日常生活に何等かの支障を来してる場合には通常の「恐怖による不安」ではなく「恐怖性不安障害」となります。

さらに詳しい内容はこちらへ 恐怖症性不安障害


強迫性障害(強迫神経症)
強迫性障害、強迫神経症とは、それをしなければ事が収まらない衝動に駆られる症状を指します。また強迫性障害・強迫神経症は「強迫観念」と「強迫行為」の2つの症状からなります。強迫性障害・強迫神経症に陥れば、例えば手を洗った後でも「手がばい菌で汚れているのではないか」と気になり始め、その不安を打ち消すために「もう一度手を洗う」という無意味な行為を繰り返したりします。鍵の確認作業も同じように何度も繰り返します。この不合理な考えやイメージを「強迫観念」と呼び、不安を抑えるための行動を「強迫行為」と呼びます。

さらに詳しい内容はこちらへ 強迫性障害


社会不安障害(社交不安障害・SAD)
社会不安障害または社交性不安障害・SADは、ある特定の状況や、ある場所で何かをする時に、強い不安や恐怖心を抱き、次第にそのような場面を避けるようになる症状です。人前で話す、食事をする「会食恐怖症」、などという特定の行為において、人の視線「視線恐怖症」や思惑が異常に気になり「緊張」が高まることで、発汗や手足の震えなどが現れることがあります。症状の程度は人それぞれですが、中にはパニック発作を起こしてしまう人もいます。

さらに詳しい内容はこちらへ 社会不安障害


外傷後ストレス障害(PTSD)・急性ストレス障害
外傷後ストレス障害、PTSDとよく言われるもので別名「急性ストレス障害」の名称も用います。大きな事故や自然災害、犯罪、虐待など命が脅かされるような体験が原因で起こる症状です。過去のトラウマ体験が、本人の意思とは関係なく突然のフラッシュバックや悪夢という形で蘇ったり、その出来事が今でも続いているような錯覚・感覚に陥ります。また、その出来事に関係する場所や人を出来る限り避けようとするため、引きこもりになってしまう事例も多くあります。

さらに詳しい内容はこちらへ 外傷後ストレス障害


適応障害
適応障害とは、今在る社会環境において馴染むことが困難で適応出来なく、そのために様々な心身の症状を引き起こしてしまい日常生活に支障を来す状態を言います。

「外傷後ストレス障害」のように、ストレス関連障害の中には適応障害も含まれることがあります。適応障害のケースとしては、夫の転勤先で妻がママ友に馴染めない、子供がクラスの友人たちと馴染めず孤立、など、新しい地域や職場・学校などに適応する努力のために過剰なストレスを抱えてしまう結果、不安・うつ状態・偏頭痛などを発症し、次第に不登校(欠勤)や、外出がめっきり減り、ひきこもりなどの行動に繋がりやすくなります。

さらに詳しい内容はこちらへ 適応障害


分離不安障害
分離不安障害とは、家族または愛着を持っている人や場所から離れるときに生じる過剰な不安です。ほとんどの子供にみられる症状ですが、不安が異常なほど強かったり、生活に支障を来している場合は、分離不安障害が疑われます。

7歳から9歳の子供に多いこの症状は、腹痛や頭痛、悪夢などを引き起こしたり、また高学年になると、抑うつや無気力という形で表出し、不登校やひきこもりの要因となってしまうこともあります。ホームシックなども近いものがありますが、その程度は正常ですが、とても耐えられなく実家などに戻ってしまう程の場合には分離不安障害の可能性があります。

さらに詳しい内容はこちらへ 分離不安障害


心気症
心気症は神経症の一種でヒポコンドリアとも言われています。心気症とは「自分が重い病気に罹っているのではないか」との考えに必要以上に囚われ、その心配を他者に執拗に訴え続ける状態をいいます。病院へ行っても異常が見つからないため、不安が解消されないため、次から次へと別の病院を受診し続けてしまう傾向があります、いわゆるドクターショッピングというものです。本人は、強い不安や恐怖心などの苦痛のため、日常生活に支障を来してしまう事も少なくありません。うつ病や他の不安障害を併発するとも言われています。

さらに詳しい内容はこちらへ 心気症


不安障害は現代病

不安障害やうつ病の患者数は、90年代末から現在に掛け大幅に増加しています。
なぜ不安を抱える人が多くなってしまったのでしょうか。

不安障害は現代病とも言われています。日常生活の中で、仕事や人間関係で周囲の環境に適応することが求められる現代、不本意な行動を要求される事も少なくありません。そういった状況下では普通に生活をしていても、常に外部との接触の上でストレスが掛かり、心身に蓄積され、やがて大きな影響を及ぼすようになります。こういった社会で生み出されたストレスや不安が少なく、ストレス発散の処理が上手な方はよいのですが、ストレスが自分で処理できない程になれば、様々な不安障害が引き起こされる可能性が高まります。


不安障害に陥る方の特徴

不安障害の人は、常に多くの事を心配しており、未来に対する不安が非常に強いと言えます。「将来は大丈夫だろうか」「また嫌なことが起こるのではないか」と未来に対して良くないイメージをしてしまい、結果的にそれが不安という感情を増幅させ、益々自分を追い込み悪循環へとはまってしまいます。

このように、物事に対するネガティブな考え方や、起こって欲しくない事を想像してしまう性格は、生育環境が大きく影響していると言えます。多くの場合、家庭内で夫婦間や親子間に何らかの問題(虐待や不仲、DVなど)があり、適切な愛情が受けられなかった場合、子供は自分の存在そのものに自信を持つことができません。

特に家庭に問題が無いようにみえても、親が子供に対して過保護や過干渉であったりすれば「親の期待を裏切ったら嫌われてしまう」と子供は無意識に感じてしまいます。こういった安心感のない環境の中で育った子供は、人や物事に対して過剰に反応してしまい、大人になってから漠然とした不安を抱きやすい性格になってしまうのです。


不安障害の克服にむけて

他者からすれば大したことではない程度に映る「不安」と言えども、当の本人にとってはその「不安」に怯えながら、避けながら毎日生活を送ることは大変に辛いことです。本人もそんな自分にガッカリし自己嫌悪に陥っています。そしてその不安により、自分らしく行動することを阻まれている状態は、人生の損失であり非常に勿体ない状況です。

名古屋聖心こころセラピーでは、不安の基となる根本の原因をしっかり把握し、潜在意識に宿る「自分ではどうしようもない不安」を正しい顕在意識への認識に変化を促し、自分自身を制御コントロールできる考え方や物事の捉え方を認知行動療法潜在意識療法により自分のものにしています。不安を拒めば拒むほどそれは定着します。不安を受け入れる土壌を造り対策をしっかりと講じることにより結果を出します。


「不安障害を解消する手段は心得ています、脱却に向け取り組みましょう。」