スマートフォンサイトへ
思考修整セラピー

今ある悩み・苦しみの思考を修正し 問題を解決・克服するためのカウンセリング

 
過敏性腸症候群  過敏性腸症候群には大きく精神構造が起因する。
下痢型・ガス型・腹鳴り型など、いづれにせよ本人の不安と苦痛は計り知れないものであり、周囲の人には理解されず、学校・職場・通勤等、常に行動制限が掛かり人生の大きな損失となる。

過敏性腸症候群・IBSでお悩みの方へ

過敏性腸症候群「ガス型」

過敏性腸症候群以外のお腹の悩み

過敏性腸症候群に関連性のある項目


過敏性腸症候群「下痢型」

過敏性腸症候群「腹鳴り型」

過敏性腸症候群克服に向けて


過敏性腸症候群・IBS

過敏性腸症候群・IBSでお悩みの方へ
過敏性腸症候群IBS)でのご相談は、中高生・大学生・社会人に至るまで大変に多くストレス性の「現代病」の一種と言えるでしょう。

通勤、通学、会議や授業中など緊張する場面では、過敏性腸症候群(IBS)の症状のために急なお腹に痛みや異常を感じ調子を崩してしまい、それが予期不安となり、やがて恐怖すら感じるようになります。他には不安定に下痢や便秘を繰り返すケースや、自宅では何とも無いが学校・会社等で対人的緊張を感じるとガスが出る、ガスが止まらない、ガスを我慢する苦痛に耐えられない、腹鳴りが突如起こり恥ずかしい思いをするなど、過敏性腸症候群(IBS)での悩み相談にはとても様々な種類があります。

腸が過敏でお腹の調子が悪いからと病院へ行ってみても腸やお腹に特に異常が見つからない場合は、日頃のストレスや対人緊張が過敏性腸症候群(IBS)やその他のお腹の悩みを引き起こしてしまっている事が考えられます。また過敏性腸症候群の症状は「恐怖症」にも分類されます。

過敏性腸症候群は「下痢型」「ガス型」「腹鳴り型」の3つに分類できます。


過敏性腸症候群 「下痢型」

下痢型過敏性腸症候群とは、会議・会食・交通機関・学校行事などの場面を前にすると急に腹痛を催し「精神的不安」と「下痢腹痛の不安」がピークに達し、その恐怖の感覚が頭から離れなくなります。職場での勤務・学校・通勤通学電車バスでの腹痛下痢などの悪いイメージが定着してしまうと、考えることや行動の中心が過敏性腸症候群となり日常生活に相当な支障をきたします。

過敏性腸症候群の下痢型の人の特徴は、非常に真面目・責任感が強い・我慢強いなどの優等生タイプの方が多いです。
改善の仕方としては「お腹に働きかける暗示」が有効で効果は高く、かなりの実績を上げています。極度な不安や緊張を感じると自動的にお腹を中心に、身体全体が硬直と言っていいほどに力が入ってしまうなどの「身体のトラウマ」がしっかりと形成されています。

下痢腹痛は検査の結果、腹部に明確な疾患がない限り、改善に向かいやがて腹痛・下痢・腹部を中心とした身体の硬直は去ります。 今まで喧嘩ばかりしてきたお腹とそろそろ仲直りしませんか?


過敏性腸症候群 「ガス型」

教室ではガスで迷惑かけるので一番後ろに座りたい

後ろの席の人がわたしを臭いと感じてる

職場での視線を感じるとガスでお腹がどうにかなりそう

ガスを我慢するがもう限界でつらい

電車やバスの乗客にガスのことで睨まれた

ガスのせいで友人ができない・離れていった

ガスが慢性的に出続けている

自分では匂わないが周辺の人たちは臭いと反応しているようだ

不思議と家ではガスは余り出ない

ガスが出るせいで人生が上手くいかない

思春期〜成人〜中年期と次第に過敏性腸症候群ガス型の方の比率は下がっていきますが、思春期の女性であれば、その症状には耐えがたい苦痛があり、学生生活や人生そのものを台無しにしかねない恐るべき症状が「過敏性腸症候群のガス型」と呼ばれるものです。

過敏性腸症候群 ガス型の特徴
この過敏性腸症候群ガス型の特徴は、病院で検査をしても腹部の異常が発見されない点にあります。お腹のことですから最初は内科や胃腸科などで診察を受けますが「特に異常はありません、余り気にされないように」と言われ、次に提案されるのが「心療内科」などです。もちろんこの過敏性腸症候群のガス型タイプの症状を持つ方は薬では効果が思うようには得られません。

それもそのはず症状としては「ガスのコントロールが出来ない」という身体の症状があるものの、その症状は「結果」に過ぎず、問題の根本は意外と思われるでしょうがその「物事の捉え方」「身体のトラウマ」「予期不安による恐怖」「人間不信」「自己嫌悪」など様々な問題が過敏性腸症候群の中には内在化されているのが実情です。ですので、薬と言っても効果の点では満足の域には達しませんし、薬で苦しさを多少は紛らわすことはできますが、薬で「考え方や性格」が変わる訳がありません。


過敏性腸症候群 「腹鳴り型」

「よく人前で勝手にお腹の音が鳴ってしまう」
「人前で腸や胃などのお腹の音が鳴るのをいつも恐れている」
「お腹の音が尋常ではない程に大きくみんなに不快な思いをさせている」

こんな症状に怯え悩まされている方もおられます。「そんなことぐらい誰にだってある、気にしないほうがいい」と過敏性腸症候群の腹鳴りを相談しても誰も取り合ってはくれません。しかし本人にとっては、ましてや女性にとってはこの症状も非常に恥ずかしく感じ、この腹鳴りさえ無くなれば・・といつも腹鳴りに怯えて生活されているのです。この過敏性腸症候群の腹鳴りは、「腹鳴り恐怖症」にも分類されます。

この症状を持つ方の特徴としては「人間関係の苦手」「緊張」「自己否定」「人間不信」「自分を見せない」「プライドが高い」などの性質の方が多く、この性質からもたらされる様々なストレスが無意識にお腹の力みにつながり、胃腸にストレスを与え、その結果、「お腹が鳴る」という自動システムが働きます。腹鳴りという過敏性腸症候群の症状もやはり心身のトラウマが原因となります。


その他の「お腹の悩み」

また、過敏性腸症候群(IBS)以外でも女性特有の生理中や生理前のお腹のお悩みもストレスが原因となっている場合があります。 神経が緊張して過敏になっているため、小さな事でも普段よりも大きなストレスと感じられてしまいます。そのせいで生理痛が酷くなる場合もあります。 また、普段は便秘気味なのに生理中になると下痢になるという方も多いようです。 生理前や生理中にリラクゼーションのためにカウンセリングにお越しいただければ、イライラ感などが抑えられ、下痢や生理痛も和らげる事ができるようになります。


過敏性腸症候群(IBS) 克服に向けて

以上が過敏性腸症候群(IBS)の主な症状や特徴ですが、このような下痢・腹痛・ガス・腹鳴りなどに囚われている状態では、仕事や勉強どころではなく、常にその不安や恐怖により緊張を強いられ、お腹のことばかりに神経を使い、集中力欠如となり、外出に抵抗を感じ、人との交流も避けるようになり「不登校・ひきこもり・ニート」や「うつ病」に陥り易くなります。

とても疲れているのに身体の緊張が抜けずぐっすり眠ることも難しく「不眠症」の、悪循環に陥っている方も多く居られます。お腹の悩みと心の悩みが関係ないと思われる方も多くいらっしゃいますが、お腹と心の関係は実にとても密接なのです。

名古屋聖心こころセラピーの心理カウンセリングや潜在意識療法では、過敏性腸症候群の原因を明らかにし「物事の捉え方」や「考え方の癖」などを改善していき、ヒプノセラピーなどの心理療法を用い、無駄な力を抜きリラックスした状態を作り出し、ストレスに対する身体の感じ方が軽減されるように誘導し、身体やお腹の力みや硬直などの「身体のトラウマ」を解消していきます。過敏性腸症候群克服に向けてのプログラムによりいち早くその辛い症状から自分自身を救い出しましょう。


「過敏性腸症候群の解決策は心得ています、早期脱却を目指しましょう」