スマートフォンサイトへ
思考修整セラピー

今ある悩み・苦しみの思考を修正し 問題を解決・克服するためのカウンセリング

 
ギャンブル依存症  ギャンブル依存症の特徴には、嘘や隠し事と同時に必ず借金問題が絡み、家族からの信用信頼は失墜し人生が破滅となる。当然、この問題行動となる起因を理解し性根を立て直し二度と繰り返さない仕組みを作ることが急務となる。

ギャンブル依存症

ギャンブル依存症の正体は

金銭的な問題

ギャンブル依存症の克服に向けて


ギャンブル依存症の特徴

ギャンブル依存症のプロセス

家族との関係

ギャンブル依存症に関連性のある項目


ギャンブル依存症

ギャンブル依存症

「ギャンブルは好きでやっているけど、自分はまだ大丈夫」と思い込んでいませんか?

借金をしてまで繰り返すギャンブル依存症は、ギャンブルをしたい賭けをしたいという衝動を抑える事がままならず、生活に支障を来たす程 にのめり込んでしまう症状です。一般的なギャンブル依存の種類としては、

パチンコ依存症

パチスロ依存症

競馬依存症

競艇依存症

競輪依存症

不法賭博依存症(ポーカー・バカラ・ルーレット等)

などが代表的なものとして挙げられます。
当初は友人などの誘いがきっかけで、軽い気持ちで始めたギャンブルでも、一度多額の金額を得たりしてしまうと、この快感・達成感が脳に刷 り込まれ忘れられなくなり、再度この快感を得ようとし、益々深みにはまってしまいます。本人には依存症という自覚が無い人も多くそれに気 づく頃には深刻な事態に至っている事も少なくはありません。


ギャンブル依存症の特徴

今までにこのようなことはありませんか?

「どうしたら勝てるか、資金をどうするのか」等、常にギャンブルの事を考えている

ギャンブルを我慢したり、減らす努力をしてもつい誘惑に負けてしまう

ギャンブルを我慢している時には、イライラしたり、落ち着きが無くなる

問題から逃げたくなったり、嫌な気分の時にギャンブルをしてしまう

負けたお金を別の日に取り返しに行こうと思う

ギャンブルをしていることを隠すために、家族や友人に嘘をついてしまう

ギャンブルの為に、人間関係や職業を失ったことがある

自由に使えるお金があるとまずギャンブルのことが頭に浮かんでしまう

ギャンブルの為に人や金融会社からお金を借りたことがある

いかがでしたか? 2つ以上あればギャンブル依存となります。
ギャンブル依存症は本人だけでなく、周りで見守っている人たちも傷つけてしまいます。
上記の項目に該当があるのなら、自分がギャンブル依存症かな?と思えるのなら、早目に対処・克服する必要があるでしょう。


ギャンブル依存症の正体は現実逃避

なぜ多くの人がこれほど迄に依存してしまうのでしょうか。その理由の1つとして、ギャンブルが依存症の方にとって、「現実逃避が出来る唯 一の手段」となっている事が挙げられます。例えばパチンコ依存症の場合、大音量のBGMやキラキラとした画面、「勝てるかもしれない」と いう期待によって心がワクワク躍動し正にパラダイスと感じます。

その為、会社などで嫌なことがあったり、イライラすることがあったとして もパチンコをしている間にはその不快な気持ちをスッカリ忘れる事が可能です。特に人付き合いが苦手な人にとっては、誰かとペースを合わせ る必要も無く、文句を言われる事も無いこの空間が「自分の居場所」のように感じられるのです。

さらに、パチンコなどのギャンブルには勝った時の「優越感」や「達成感」「満足感」を得る事が出来る為、とても止められなくなってしま います。勝った時の喜びがどれ程のものなのかは ギャンブルをされ方でも少しはトランプゲームなどの経験で想像する事は容易です。


パチンコ依存症・パチスロ依存症のプロセス

パチンコ依存症・パチスロ依存症などのギャンブル依存症に陥ってしまう多くの方は「誰かに認めてもらいたい」という感情を強く抱いていま す。つまりそれは「認められない寂しさ」であり根本的に不安や孤独を感じている人が殆どです。最悪の場合には、既に現実を投げてしまい人 間社会からの人間関係からの逃避行動となっています。

子供の頃の育った環境と密接な関係を持ってい ます。両親に人生の喜び楽しみを教えられず、また親からの愛情を十分に感じられずに育ち、家族との健全なコミュニケーションが欠けていたりすれば、無意識的に「とても自分 は大切な存在なんだ」と思える訳も無く、その満たされない気持ちを抱いたまま大人になってしまった結果であると言えます。

そんな環境の中で育った方がギャンブルをして臨時収入を得てしまうと「凄く儲かった!」「やっぱり私は勝負事に強い、ギャンブル運が強い んだ!」と妙な自信を持ち、気分も大きくなり思わず友 人や後輩にご飯を奢ってあげたりします。この行動は、正にギャンブルによってもたらされた自信と優越感の表れだと言えるのでしょう。

しかし当然ながら、これは一時的な「安易な達成感」です。負ければ冷たい現実に戻りネガティブな感情が再び湧いてくると、それを埋める為 にまたパチンコへスロットへギャンブル場へ足を運ぶ事になります。


金銭的な問題

「ギャンブル依存症の最大な悲劇は、人生までギャンブル化してしまうこと」

ギャンブル依存症はその進行が進み酷くなれば、金銭感覚が相当に麻痺してしまい、一度に驚く程の異常な金額を遣ってしまいます。「少し くらいいいだろう」と思っていても、次第に生活費や貯金もギャンブルに当てるようになり、結果的に借金を繰り返すということになります。

恐ろしいことに、アルコール依存症のように本人が体調を崩してしまえば事態の深刻さを実感することができますが、ギャンブル依存症は自己 破産などの経済的ショックを受けたり、家庭が破綻してしまうことがない限り事態の深刻さを認識することが難しいのです。

例えば、お金が無くなってしまっても「また借りて、勝ったら直ぐにに返せばいいんだ」と軽く考えるようになるのもその為です。こうなって しまっては、借金地獄や自己破産などという最悪な結果を招いてしまいます。


家族との関係

パチンコ依存症の症状や金銭問題が悪化すると、ほぼ例外なく家族は被害を受けるでしょう。
金銭問題が家族に発覚するたびに、家族は依存症者に反省させることがあります。そのたびに「もう絶対にやめる」「もう借金はしない」と約 束させるのですが、依存症である限りこの約束はいとも容易くあっさりと破られてしまいます。

これが繰り返されると、家族は「また裏切られ るのではない か」「約束を守ってくれないかもしれない」という不安と疑心などのストレスを常に抱えることになるのです。

さらにギャンブル依存症になると、簡単に日常的に嘘をついてしまいます。パチンコに行った事や借金をしてしまった事を家族に知られないよ うに平気な顔で嘘をつくようになります。

しかし、自分が依存症だと自覚のある方は、「家族と約束したのに止められない」「また嘘をついてしまった」と自己嫌悪に陥るかもしれませ ん。そうして自分に自信を失い、孤独感をつのらせ、益々ギャンブルに逃げ込む環境を作ってしまいます。

このようになっては、家族との信頼関係が築ける筈もなく、結果的に家族だけでなく、大切な人間関係を失ってしまいます。この種のパチンコ 依存症、競馬依存症などのギャンブル依存症により家族や友人を失い止むを得ずホームレスになる人も数知れずというのが現実には非常に多い のは事実です。


パチンコ依存症・ギャンブル依存症の克服に向けて

ギャンブル依存症は、このように自分自身の性格を変えてしまうだけでなく、家族、友人など周りの人まで巻き込んで不幸にしてしまう恐ろし い症状です。

パチンコ依存症・パチスロ依存症などのギャンブル依存症の自覚がある方は「止めたいのに止められない」という苦しみに苛まれているかも知 れません。そして、ギャンブル依存から解放され、活き活き夢も希望もある生活に戻りたいと心の底から願っている方も見える筈です。

聖心こころセラピーではギャンブルへの依存度を低下させ大切な家族や自分の人生を守る為にあらゆる療法やコーチング技法を駆使し、全力で脱却へのプログラムで応えていきます。