仕事依存症のカウンセリングは名古屋聖心こころセラピーへ


名古屋 依存

依存症              writing by Kitayama

仕事依存症

毎日遅くまで残業をすることが当たり前となっていませんか?
休日、趣味に高じたり、外出をし余暇を楽しめていますか?
仕事の為に家族があるような状態になってはいませんか?
家族との団らんや語らいは保てていますか?

最近では多くのビジネスパーソンが働き過ぎてしまう傾向にあります。家族を顧みず仕事に没頭する姿が当たり前の日本社会は、正に仕事依存症を奨励しているかのようです。夜更け迄働き、プロジェクトで自分を極限まで追い込み、常にプレッシャーの重圧を感じているのにも関わらず、それ自体が当然であるような感覚さえ覚えてしまう方もおられます。
仕事依存症の特徴としては、会社で遅くまで残業、家に仕事を持ち帰る、或いは仕事以外する事が無い、仕事を他の人に任せる事が出来ない、など常に働いていないと「むしろ不安」「仕事をしないと」強迫観念挙に囚われている場合を指します。
しかし、自分では自覚の無い場合も多く「仕事を好きでやっている」と思い込み、気づかないうちに「仕事依存症」(ワーカホリック)に陥っているかもしれません。もはやこの状態は仕事中毒とも言えるでしょう。
本人は長時間労働を当然とか当たり前のことと感じているが、周りの人からは「仕事のし過ぎ」と言われたり、「趣味を持ったほうがいい」などの忠告を受ける場合、仕事好きと仕事依存症(仕事中毒)との違いに見分けが付きにくいのも事実です。
この2つの違いは以下の点です。


【仕事好きな人】
仕事に対して前向きで、自己成長を目指し仕事を取り組むことが出来、尚且つ余暇をしっかり楽しむ人。
仕事も余暇もエネルギッシュ。

【仕事依存症の人】
生活の多くを犠牲にして仕事に打ち込み、プレッシャーや結果の恐怖に支配され精神的なゆとりがない。
また、仕事を義務として楽しむことが出来ずぎまた休日をも楽しめない人。
常に疲れている。


仕事依存症の方の周りの視点
自分のパートナーが明らかに仕事中毒だと分かっていても、本人は否定することが多くあります。このままだと身体を壊してしまう、たまには休んだほうがいい、という的確なアドバイスさえも依存症の本人にとっては受け入れることが難しいのです。
「家族のために働いている」「仕事だから仕方ない」と口癖のようになり、働き詰めた結果、常に疲れきってしまい、有意義な家族とは程遠い生活を送ることになります。家族不和、夫婦不和に繋がり、仕事中毒症、仕事依存症を 指摘しても耳を貸さないのでホトホト呆れ、労働時間短縮の要望を言わなくなってしまうことが多いようです。


女性の仕事依存症
女性も男性並みに働くようになった現代、自ら仕事に依存していることに気がつかない方も多いかと思われます。しかし仕事に熱中し過ぎ、依存状態になると心身に問題が生じる危険があります。心身を休めようと定時で帰宅してもうっすらと罪悪感を感じてしまったり、妙に落ち着かずイライラしてリラックスが出来ず逆にストレスとなる症状が出たりすることさえあります。
その不安から休みの日でさえ仕事を家に持ち帰り「安心感」を得ようとします。こういった仕事への依存度が増していくと、慢性疲労からうつ状態に陥ってしまったり、自律神経を崩してしまったりと、健康を害してしまいます。女性の場合は、偏頭痛、首や肩のコリ、生理不順や冷え性などの症状が現れることが多くあります。最悪の場合、仕事依存症は過労死を引き起こすなど、深刻な要因にもなりかねないのです。
母子家庭では、子供の為にとの思いで懸命に働く母親を子供が心配をし辛い思いをしているケースが増えています。


仕事依存症の家族問題
仕事依存症の方は、知らず知らずのうちに自分自身だけでなく、家族や周りにも心配や程度により迷惑をかけていることも見過ごせません。残業が多く自宅で過ごす時間が少ないために、家族との対話の時間が減ってしまい、夫婦関係や親子関係を悪化させてしまうことは仕事依存症の方には大変に多い事例です。休日など自宅で過ごせる時でさえも、普段から家族とのコミュニケーション不足がたたり疎外感・孤立感を感じた居心地が悪く、余計に仕事に逃げてしまいます。


仕事依存症の夫婦問題
夫婦間の会話がなくなることで、不和が起こり易くなります。もちろん、仕事熱心は妻としてはありがたい事ですが、度を越して私生活や家庭をないがしろにされてはパートナーとして悲しくなるのは当然です。夫にかまってもらいたいが為に、その不満を相手にぶつけ、余計に夫も妻に心を閉ざしてしまうのです。その結果、妻は、

「私は何のために結婚をしたのか?」
「私は家政婦なの?」
「この生活が永遠と続くと思うと。。」

などと考えようになり、離婚に発展してしまうケースも少なくありません。
さらに父親が不在の為、母親と子供の結びつきがより一層強くなり、母子家庭のような環境がうみだされることもあります。自分の居場所を失ってしまった父親は、母子とのギクシャクした関係から逃れるため「仕事をしていた方がマシだ」と考えてしまいます。


仕事依存症の親子問題
そんな状態で子供は父親にどんなイメージを持つのでしょうか。本来、尊敬できる家族を護ってくれるべき存在の父親が、こどもにとっては「夜遅く帰ってくる同居人」「何を考えているかわからない人」になってしまいます。仕事に没頭する父をみて、子供は「大人になることは大変なことなんだ。大人になんてなりたくない」と将来への希望や夢を失ってしまうかも知れません。


仕事依存症の効率の悪さ
仕事依存症・仕事中毒症に陥っている方は、生産性や利益を上げているかということに注目しておらず、時間だけを費やす傾向があります。毎日同じことを繰り返していると、人間の脳は作業効率が悪くなり、疲れやすくなります。つまり、仕事以外の時間を作り余暇を充実させるほうが、体力的・精神的に余裕ができ、効率よく仕事ができるのです。
かのフランス人は、一カ月以上の長期バカンスを取る為に働いているのは、見習うべき精神構造だと私は思うのですがどうでしょうか?

 

 
仕事依存症の心理
確かに仕事というのは、頑張って結果が出れば出るほど満足感や達成感が得られるため、人生を充実させる大切な役割をもっています。しかし、中毒になるほど仕事をしてしまうのは実はこのような思い込みがあると考えられます。

「同僚に追い越されるのではないか」
「このプロジェクトを失敗する訳にはいかない」
「人より多く働いていないと、怠けているように見られてしまう」
「仕事で自分は上司や世間に認められるんだ」

こういった「不安」や「恐怖」や「追い込み」により、仕事を楽しむということや自己実現、達成感よりも、デメリットを防ぐ為や認められる為に必死に働きます。私生活の多くを犠牲にしてまでも仕事に没頭してしまう結果、

「仕事が無くしたら自分の存在自体が消えてしまう」
「仕事無しでは何をすればいいのか解らない」
「一体自分は何の為にに生きているのだろう」  
「急に休暇をもらっても何をすればいいのか解らない」

仕事以外、何も無い、何も残らないという結論となります。

仕事依存症からの克服
「何の為に働いているのか?」答えは人それぞれでしょう。
仕事依存症を克服するには、まず自分の現在のライフスタイルを客観視し、深く現状認識をする事から始まります。自分の人生の目標や意味をもう一度考え方向転換の舵を大きく切りましょう。
聖心こころセラピーでは、こびり付いた幸福感を阻害する考え方から脱却し、仕事本位の人生から自分本位の人生へ。仕事とプライベートのバランスがより良い状態になるよう、考え方の軌道修正を実現しましょう。その方法は心得ております。

「人生は楽しむものです、その為に仕事でそれを支えましょう」

仕事依存症   親子共依存症   アルコール依存症   インターネット依存症
薬物依存症   買い物依存症   ギャンブル依存症
恋愛依存症   タバコ依存症   セックス 依存症  

カウンセリングの名古屋聖心こころセラピートップページへ



TEL:052-951-7133

コンテンツ
心理カウンセリング
北山式心理療法
潜在意識療法
ヒプノセラピー
認知行動療法
自律訓練法
メンタルヘルス
EAP(従業員支援プログラム)
その他の療法
カウンセリングセラピストプロフィール
カウンセリングセラピールーム
名古屋聖心こころセラピーQ&A
名古屋聖心こころセラピーDATA
お申し込み・ご予約について
料金のご案内
ご案内図
プライバシーポリシー 聖心こころセラピーカウンセリングセラピストブログ


予約カレンダー

聖心こころセラピー「アシスタント日記」

北山ゴルフクラブ



カウンセリングの名古屋聖心こころセラピー






携 帯 サ イ ト 入 口


QRコード

●サイトマップ●

愛知県名古屋市東区泉1-7-35
廣文社ビル3階
栄TV塔近く

カウンセリングの名古屋聖心こころセラピー

Copyright (C) 2008 Nagoya Seishin Cocoro Therapy.All Rights Reserved    当ホームページの画像を含むコンテンツの全部または一部を無断転用・転載することは法律で禁止されています。