心気症のカウンセリングは名古屋聖心こころセラピーへ


名古屋 不安・心の悩み

心気症                    writing by Kitayama

「病は気から」と言うことわざがあります。気持ちが負けてしまうと病気にも負けてしまう、病気は気の持ちようによって良くも悪くもなる、というものです。心気症は、この病は気からの「気持ち」の部分が心の状態を悪くしている症状です。
心気症は神経症の一種でヒポコンドリアとも言われています。心気症とは「自分が重い病気にかかっているのではないか」との考えに必要以上に囚われ、その心配を他者に執拗に訴え続ける状態を言います。病院で診察しても異常が見つからないため、不安が解消されず、次から次へと別の病院を受診し続けてしまう傾向があります。いわゆるドクターショッピングというものです。健康だと保障してくれる医師に満足せず、病気を見つけてくれる医師を探すようになるのです。そして、少しでも病気の可能性のある部分が見つかったり、スタッフの会話で「○○の可能性もあるから検査してみよう」などと病気を示唆するような内容が聞こえた時にはある意味それを望んていたにも拘らず、それに驚き、本当に自分がその病気を患っていると考え始めます。そして、病気の末に死んでしまうのではないかという恐怖が強くなっていきます。その為、仕事や勉強・生活面に支障が生じ、時には欠勤、不登校・家事放棄をするようになります。




 心気症の診断   

以下の症状がある方は心気症の可能性があります。

身体のちょっとした生理反応(発汗、お腹が鳴る等)から何か重い病気に冒されている のではないかと恐れ、或は思い込みそれに囚われる

様々な病院で適切な医学的検査を行っているにも拘わらず、自分が病気に罹っている と考える病気とはなかなか診断されない

医師の判断によって病気の心配はないと保証されても、本人の「自分は病気に罹って いる」という恐れや思いこみが消えずに持続する

「私は病気だ」までの断定的思い込みは無いが「病気かも知れない」と半信半疑の状 態が払拭できず、ついついドクターショッピングをしてしまう

上記症状が6か月以上に渡り、複数該当する場合には心気症の可能性が疑われます。

症状が6カ月以上続いていない場合には「一過性心気症」の可能性があります。
心気症と勘違いされやすい状況として、高齢者が自身の健康を心配することが挙げられます。しかしこれは自身の年齢を考えた合理的なものであり、心気症とは異なります。

心気症の診断の難しい点として、症状の特徴を定義することこそ簡単なものの、実際に疾患に罹っている方との区別が難しいところが挙げられます。
特に、外科手術を受けた方は心気的傾向に陥りやすく、実際に後遺症を患っている場合もあります。他にも、心気症とは違い「自分は病気に罹っているんだ」という心気妄想に陥っていることもあり、それとの診断の区別も難しいとされています。




 健康な心気症   

心気症の中でも、病気を心配はするものの、特に日常生活に支障を来すものではない場合は「健康な心気症」と呼ばれることがあります。例として、健康に気を使う病気警戒型、ダイエットや運動に励んで病気予防に努める病気予防型、知人の調子が悪そうな時にそれを自分の事のように心配する置き換え型、軽い病気でも症状が重いと感じ、これから重くなるかも、と非常に心配し始める否定型等が挙げられる。このような健康な心気症は一般の人に多く見受けられるもので、これは「神経症としての心気症」とは診断されません。 問題なければ「健康な心気症」とわざわざ呼ぶ必要もないのですが、なにかしら名称を付けたがる方もおられるようです。要はこの程度であれば通常ですよ、問題ありませんよ、ということです。




 二次性心気症   

神経症としての「二次的心気症」とは、うつ病や他の不安障害の副次症状として現れる心気症のことを指します。特に、不安障害の中でもパニック障害と併発することが多く、パニック障害によって繰り返し起こる身体症状を病気ではないかと疑い始めます。このように他の症状の副次症状としてみられる神経症を「二次性心気症」と呼びます。




 心気症の原因   

過去において自分自身が実際に患った病気や、親しい人が患った病気が原因になっていることが多く「その病は辛い」と強く認識している為に非常に警戒心が高まり、疑心暗鬼の状態に陥ります。
また、本人が育ってきた家庭環境などによる特定の考え方や物事の捉え方から、病気を疑う考えを宿しやすい傾向を持ちます。

心気症傾向の症状に至るきっかけは、テレビや雑誌、インターネットにより医学情報に接したり、身近な人が病気を患うのを見聞きしたりすることを契機に現れ始めます。
一般に、物事を気にし易く心配性な性質を持つ人、他人と言い争うのが苦手な内向的な人は心気症に陥り易いのが特徴ですが例外的に自己主張のかなり強い方も稀にいます。 心気症を発症し易い考え方をする背景には、本人の内心のコンプレックスを刺激するような生活ストレスが存在します。なぜ自身が病気だと思うのかと周囲の人に訴え、重大な病気を捜すことを重要な課題のように振る舞う事も、その理由は本人の育ってきた環境、現在の状況等から原因を見つけ出すことが容易に出来ます。しかし、この原因はなかなか本人では気付かないものです。だからこそ心気症で苦しんでいると言えるでしょう。カウンセリングを受けることで、自身を本当に苦しめている原因を見つけて行きましょう。




 心気症への克服に向けて  

医師がいくら「病気の心配は無い」と説明しても本人は納得できません。
心気症を発症している方は、恐怖、不安、抑うつ症状に悩まされていることも多く、その症状を軽減する為に心療内科・精神科を受診し薬物療法が用いられることもあります。しかし、症状が慢性化している場合は不安や抑うつ症状が殆どみられず、また、心気症の特効薬というものは存在していない為、最終的には当セラピーのような認知行動療法や潜在意識療法などの多様な心理的療法を用い、症状の改善を図ります。
心理的療法では「自分は病気かもしれない」という考え、そこから生まれる不安を軽減しつつ、心気症になる以前の普段通りの生活を取り戻していくと共に、心気症ような不安を感じ易い考えに至る「根本原因」にも取り組みます。そうすることにより同じような悩みを二度と持つことのない状態を構築します。


「心気症の根源は極度な心配性にあり、克服へ対策は心得ています」


カウンセリングの名古屋聖心こころセラピートップページへ

TEL:052-951-7133

コンテンツ
心理カウンセリング
北山式心理療法
潜在意識療法
ヒプノセラピー
認知行動療法
自律訓練法
メンタルヘルス
EAP(従業員支援プログラム)
その他の療法
カウンセリングセラピストプロフィール
カウンセリングセラピールーム
名古屋聖心こころセラピーQ&A
名古屋聖心こころセラピーDATA
お申し込み・ご予約について
料金のご案内
ご案内図
プライバシーポリシー

聖心こころセラピーカウンセリングセラピストブログ


予約カレンダー

聖心こころセラピー「アシスタント日記」

北山ゴルフクラブ


カウンセリングの名古屋聖心こころセラピー






携 帯 サ イ ト 入 口


QRコード

●サイトマップ●

愛知県名古屋市東区泉1-7-35
廣文社ビル3階
栄TV塔近く



カウンセリングセラピールーム
カウンセリングの名古屋聖心こころセラピー

Copyright (C) 2008 Nagoya Seishin Cocoro Therapy.All Rights Reserved    当ホームページの画像を含むコンテンツの全部または一部を無断転用・転載することは法律で禁止されています。