スマートフォンサイトへ
思考修整セラピー

今ある悩み・苦しみの思考を修正し 問題を解決・克服するためのカウンセリング

 
パニック障害  パニック障害とは、自制的に正常な精神状態を維持することが不可能な状態となり身体的にも過呼吸・動悸・目眩・急激な血圧や体温低下等を引き起こした恐怖体験が起因となり、それを恐れるが余り常に予期不安に怯える障害を指す。

パニック障害とは

パニック発作の代表的な症状

広場恐怖症

ストレスで起こりやすくなる

たばこ・お酒・コーヒーを飲む人

前兆もなく襲ってくる不安感

パニック発作が起きたら


パニック発作

予期不安

パニック障害改善療法

他人思いの人ほど陥りやすい

気になることは相談しよう

大人しい性格の場合

パニック障害に関連性のある項目


パニック障害とは

パニック障害に陥れば、胸がドキドキするなど動悸が起こり、突発的な発汗や震えなど身体的に症状が現れ、その場にとても立って居られないような衝撃に襲われ、このまま「死ぬのではないか」と不安に思う程の強烈な辛さを体験します。そしてその恐怖を繰り返す事を恐れ、その状況を避けるようになり、酷い場合には次第に家からも出られなくなってしまう場合もあり、日常生活、社会生活に支障が出るようであれば、それはパニック障害となります。


パニック障害について

パニック障害とは「不安障害」のひとつです。

パニック障害は、最近では馴染のある名称であり、その多くは「パニクった」など少し驚き慌てる様子での状況描写として、普段の会話に使われています。しかし実際のパニック障害とはそんな生易しいものでもありません。

日本で「パニック障害」という「障害」としての言葉が使われるようになったのは比較的最近のことで、世界的にも25年程前に不安障害の一種と正式に認定され、日本人の100人に1人はこの症状を経験している、という調査結果が出ています。

しかしこれは「パニック障害」と診断された人の人数であり、適切な療法を受けないままこの症状で苦しんでいる人は実際にはその数倍は存在すると考えられます。また、パニック障害は、男性に比べ女性の方が圧倒的に陥りやすい不安障害のひとつです。

パニック障害には「パニック発作」「予期不安」「広場恐怖症」という3つの特徴的な症状があり、この症状が組み合わさることで更に悪循環を生みだし、放っておけば生活に支障が出るほどに悪化させていきます。


パニック発作

パニック発作とはストレスのかかる環境、状況に置かれた時に「突然に身体的な異常を感じ、訳のわからない恐怖、不安を覚え、混乱してしまう」症状を言います。程度の差はありますが、震え・息苦しさ・眩暈・動悸・発汗といった身体の異常が起きたり、不安感が広がり、やがて死んでしまうのではないかと思うほどの恐怖感に襲われたりします。そうして、自分に何が起きたのか理解できす、混乱し、パニック状態に陥ります。

この症状の特徴は、検査をしても身体的な異常が見当たらない点にあります。ですので、発作を起こして病院で診察を受けても異常が見られない為、「(ストレスを溜めないよう)気にしないで下さい」程度の助言で診断されてしまうこともしばしばあります。また、この症状は10分〜1時間以内に治まることが殆どなため、病院に着く頃には症状が治まっている、ということも少なくありません。


パニック発作の代表的な症状

胸がドキドキする

手のひらや全身に汗をかく

身体や手足が震える

息苦しさを感じる、過呼吸になる

窒息感、喉に何か詰まったような感じがする

胸に痛みを感じる、気分が悪い

吐き気がする、お腹の調子が悪い

眩暈、頭がクラクラする、足元がふらつく

自分が自分でないように感じる、自分の周りに見えない壁があるような感覚

自分は気がおかしくなってしまうのではないかと心配になる

死んでしまうのではないかと怖くなる

身体(もしくは身体の一部)がしびれる、痛みを感じる

寒気がする、身体の表面がほてり熱っぽい

上記設問に4つ以上該当するならパニック障害の可能性が高いと思われます。


予期不安

予期不安とは、字のごとく「まだ起こってもいない出来事に対し予め悪いイメージを作り上げてしまう」ことを指します。

一度パニック発作を経験すると「またあんな辛い思いをするのだろうか。いつ起こるかも分からないし、怖いな・・・」「次に発作が起きたら、本当に死んでしまうのでは?」「いきなり倒れて、周りに迷惑をかけてしまうのでは」と、発作に対して強い不安を感じ始めてしまうのが予期不安というものです。

自分に何が起きたのか、どうして発作が起きたのか分からないのですから、あれこれとマイナス的な想像を巡らせ不安に感じてしまうのも当然と言えます。このように、発作が起きたことによって生じた「パニック発作に関する不安」を「予期不安」といいます。予期不安は、パニック発作を起こすたびに強くなって行きます。


広場恐怖症

予期不安を感じ始めると、次にその不安を軽くしようと、ある特定の場所や状況を避けるようになります。例えば、発作が起きた時にすぐに助けを求められない場所や閉鎖された状態が一定時間続く場所を避けて、バスや電車に乗らないとか高速道路や高架橋を運転しなくなったり、他人に迷惑をかけたくない、発作を起こしている所を見られたくないと思い、人が集まる場所に行かなくなったりします。このように「自分の心身を守るために生活範囲を狭めていく状態」を「広場恐怖症」といいます。

この避け方も個人差があり、特定の1〜2か所の状況や場所を避けるだけの人もいれば、付き添いの人がいればどこへでも行ける人、完全にどんな状況でも外に出たくない、という人もいます。 また、予期不安が起きているから必ず広場恐怖症を発症する、という訳ではありません。


以上のように、パニック発作→予期不安→広場恐怖症への負のサイクルが慢性化すれば、その不安感や恐怖、ストレスのかかる環境が原因で気分が塞ぎ込んでしまいます。上記に記したパニック発作の症状が4つ以上繰り返し起こり、発作に対する予期不安が1カ月以上続く場合、パニック障害の可能性が高いと思われます。

パニック障害の原因は完全には解明されていません。しかし、本人の性格や心にだけ問題があるのではなく、何らかの理由で脳内の環境が不安を起こしやすい状態になっている可能性も大きく、病院で処方される薬物療法によって症状を抑えながら、当名古屋聖心こころセラピーでも行う心理療法・精神療法を併用するのが望ましいと考えています。


パニック障害改善療法

薬物療法
SSRI、スルピリドを始めとする薬によりパニック発作、予期不安を起きにくくします。薬によって症状が徐々に軽減され始めたら「薬を飲まなくてもパニック障害を起こさない」ことを目標に、医師の指示に従い少しずつ薬を減らして行きながら、我々のセラピーなどで認知行動療法潜在意識療法などといった心理療法を行っていきます。パニック障害に対する行動療法では、後述する暴露療法が用いられることが多いです。


精神療法
パニック障害に対して、精神療法では認知行動療法や催眠療法など、いくつかの治療法を併用し、症状に対しての不安感、恐怖感を軽減していきます。

パニック障害とはどのような状態なのか、不安、恐怖を感じるのは何故か、を知り「自分の状態は改善できるものだ」という認識を持ち、発作が起こるようなストレスがかかる原因を共に考えていきます。そうすることによりパニック発作が起きそうになったとしても「これはパニック発作の症状だ、ちょっと仕事に気を張りすぎたのかも」と自身の状態を受け入れ、冷静に対処できるようメンタルトレーニングを指導して行きます。


暴露療法
どんなに怖いお化け屋敷でも、何度も入ると怖くなくなります。このように不安や恐怖を感じるものにあえて近づき、慣れることで恐怖を感じないようにしていく行動療法を暴露療法と言います。広場恐怖症で行き辛い、と感じている場所に行けるようにして行きます。とはいえ、嫌いな食べ物を何度も食べてもそう簡単に嫌いな気持ちが無くならないのと同じで「怖い」と感じる場所に行くのも「本当にこれで症状は改善するのだろうか」と不安に思うでしょうし、行くこと自体に相当の勇気と覚悟が必要でしょう。

その「勇気と覚悟」を持てるようカウンセラーと相談しながら、他の精神療法や医師の指示に従う薬物療法を併用し症状を改善して行き、その状態に合わせて、少しずつ行動範囲を広げていきます。


パニック障害はストレスなどで起こりやすくなる

パニック障害に苦しむ人の多くは、家事や仕事などを、目一杯頑張っている人が多く、ストレスの負荷が過大になっているのにも拘らず、休むこともままならない場合には、パニック障害を起こしやすい状況になっています。自分自身でそのストレスの認知出来ていない人も多く、なんでこんなパニック障害を起こしてしまうんだろうと不思議に感じている人が殆んどです。毎日、何かに追い立てられて暮らしているという場合には少し休息も取りつつ過ごすと良いでしょう。毎日の生活に息苦しさを感じているような場合にもパニック障害として表れやすくなっています。


なんでも完ぺき主義にこなそうとすることも原因に

何をする時も完璧にこなさなくてはならないと考える傾向が強ければ、徐々に気が詰まってしまい、パニック障害になる可能性も高まります。仕事をする時や家事をする時なども、完璧を目指し、ここまでキチンとしないと自分を直ぐに責めてしまうという場合などにも、パニック障害が起こりやすくなります。また、人の顔色を窺い毎日オドオドと過ごしている場合にも、常に緊張感が高まっていますので、発作の起こりやすい環境になっています。そんな思考パターンを持っているようでしたら、自分の持つ性格・気質に変化を起こさなければなりません。そして何か行動を起こす時には、少し肩の力を抜いて思い詰めてしまわないことが大切です。


他人思いの優しい人ほど陥りやすい

パニック発作に掛かりやすい人は、繊細な面を持ち神経質であり、もともと不安や恐怖心も強い人が多い傾向があります。また「こんなことをすると他人に迷惑を掛ける」と自分よりも他人の身になったり、相手側を重視する人の場合に多く見られ、パニック障害が現れた以降は他人との接触を避けるようになり、対人恐怖症やうつ病になることも多く見受けられます。また、うつ病を患っていると、自責の念が強くなり不安感をいつも抱えている状態になるために、パニック発作も起きやすい環境となっています。「逃げられない状況」や「助けてもらえない状況」などの恐怖は、極端に人を頼りたくなり依存的になり過ぎてしまい、家族や友人、恋人を困らせたり、意に沿わなければ依存的な関係の人との交流を突然絶ったりと様々な影響を及ぼすことも多くあります。


ある日、突然起こるパニック発作

パニック発作は何の前触れもなく起こることが殆んどです。パニック発作を起こし倒れたり救助された経験があれば、あの発作がまたいつ前触れも無く起こるかも知れない、と予期不安を感じてしまい怖くなり同じ状況を必要以上に避けてしまいます。また自宅や周辺などの慣れた環境であってもパニック発作が起こる場合などもあります。外出先などでパニック発作を起こした場合に備えて身近な人に直ぐに連絡が取れるような仕組みを作っておき、「すぐに良くなるから大丈夫だよ。」と声を掛けてもらうことも効果的です。自分の不安感や恐怖感を収めるために、リラックスすることが良いので、まずは深呼吸して、パニック発作が収まるのを待ちましょう。


たばこやお酒やコーヒーを飲む人も要注意

パニック障害を起こす人の中では、たばこやお酒、コーヒーなどの嗜好品をよく摂取するという方も多くいます。それらに含まれる化学物資は不足すると不安な心を増幅する起因があると言われています。たばこやコーヒーなどによって、一時的に不安感が解消されますが、また直ぐに不安感が戻ってきます。飲み過ぎや吸い過ぎには気を付けて、パニック発作に繋がらないようにしていきましょう。カフェインは脳への刺激となって、ドキドキする頻度を高める作用がありますので、注意が必要です。


睡眠をしっかりとり、肉体疲労を回復させよう

会社に行ったり家事をしたり毎日忙しい中で、肉体的に疲れている状態が続くとパニック発作が起きやすい状態になります。特にパニック障害を起こした経験のある方は日頃より少なくても7時間は眠るようにし身体をしっかりと休めるように努めましょう。身体に溜まる乳酸が身体の倦怠感や肩こりなどを引き起こし、つらくなる原因となります。疲れているなと感じたなら、余り無理をしないで、休む時間をキチンと取ることも、パニック発作を和らげる効果が期待できます。家でも無理して、家事や育児などを行わないで、「少し手を抜いてもいいかな」くらいの気持ちで余裕をもって行えるといいでしょう。


気になることは積極的に誰かに相談しよう

会社や家庭内の人間関係などで悩んでいる場合にも、ストレスが負担となりパニック発作を起こしやすい環境になっているといえます。なにか、不安なことや気になることがある場合には、誰かに相談して、少しでも心を落ち着けられると良いでしょう。自分の中でも小さなストレスを我慢することで、ドンドンとストレスが蓄積されていき、パニック発作として現れるケースもあります。女性においては、出産直後などの身体を休める時期などにも、体に負担がかかり過ぎパニック障害が起き易い時期です。男性の場合も、毎日の通勤電車や仕事場の人間関係など知らない内に、プレッシャーになりストレスが溜まっているケースも多くあります。なにかストレスを感じたら、無理をしないようにして、よく休養を取り、心身をリフレッシュさせると良いでしょう。


広場恐怖から外に出られなくなるケースも

パニック障害を経験すれば、あの場所に行くとまたパニック発作を起こすのではないかとの予期不安からその場所に行くことが困難になるケースもあります。そして次第に自分の行動範囲が狭まってしまい、とうとう家から出られなくなるというケースもあります。そういった場合には、カウンセリングなどを通して少しずつ、外に出る機会を増やすこともいいでしょう。暴露療法になりますが、ある一定の環境に身を置いて、パニック発作が出ないことが確認できれば、少しずつ外に出ても大丈夫になってきます。怖い場合には誰かと一緒でも良いので、外に出て、発作が出ないことを確かめてみるのも良いことです。


前兆も無く襲ってくる不安感によるパニック障害

これと言って原因がある訳でもないのに不安感や恐怖感が襲ってくる場合もあります。そんな場合には、深呼吸して落ち着いて、不安が過ぎ去るのをジッと待つと良いでしょう。不安感による発作は、数十分程度で楽になってきますし、死ぬんじゃないかと恐怖を感じてしまいますが、実際には死ぬことはありません。何かの原因で不安になってしまう場合にはその対象を一旦遠避けることも良いでしょう。少しずつ不安感に慣れていき、パニック発作を和らげていきましょう。治療を続けて行く上で次第に良くなってくる病気でもありますので、怖いからと閉じこもってしまわないで、少しずつ慣れていく方法を取ると良いでしょう。


幼いころの人格の形成にも関連がある場合も

幼いころに両親と別離していることや、親が過保護や過干渉、無視されていたなどの状況になっていた場合でもパニック発作を起こしやすいという結果が出ています。幼い頃より母親と離れることを極端に怖がったり、何らかの理由で母親や両親と離れて暮らすようになったり、母親から虐待を受けていたなどのケースがある場合には、子供は無意識のうちに、良い子になろうとして、自分の中の怒りの感情などを自分で抑えようと行動してしまい、そのストレスが頂点に達したときにパニック発作の形で出てくる場合などもあります。また、親が過度に子供を心配して、子供も不安感を感じやすい状態に陥っている場合などにも、パニック発作が起きやすいという事例もあります。生育環境などは人格形成において大きな影響がありますので、子供に対する対応はしっかり考えることが重要です。


人見知りの性格や大人しい性格の場合などにも起こりやすい

パニック障害になりやすい性格には、もともと人見知りであったり、ハニカミ屋であったり、人前で何かすることを極端に恥ずかしいと思うことが多かったりする場合などに多いとされています。恥ずかしがり屋なので、パニック障害を起こせば人に相当に注目されてしまうと思ってしまい、人の多い環境に出ることが怖くなってしまうケースなどもあります。また、完璧主義でなにか出来ないことなどがあると、自分はダメだなぁと感じてしまう人にも起こりやすいとされています。ネガティブな感情が頭を支配することで、不安感や恐怖感が出てきて、心臓がどきどきしてきたり、手に汗をかいたり、目眩がすることもあります。ネガティブな感情に支配されないように、自分の考えを少し変えて行く事を積極的に求めなければなりません。


身近な人の死や別離などが原因になる場合も

パニック障害は若い女性に多いとされていますが、その引き金となる原因には、身近な近親者が亡くなったという場合や恋人との別離などが挙げられます。ずっと一緒に仲良くしていた恋人や友人と、突然離れてしまうような事態に陥ると、不安感が増して、毎日が恐怖心でいっぱいになってしまうこともあります。そうなると、毎日が不安で、ストレスも大きくなり、それが限界に達したときにパニックの形で爆発することもあります。自分の中でなにか異変を感じたら、無理をしないでしっかり休息をとりましょう。自分の中にある悲しみや怒りなどにふたをしないで誰かにそのつらさを話したり、泣いたりして、ストレスをため込まないようにすることも必要です。弱いからだとか自分を責めるのではなく、今、自分はこんなことが辛いのだなぁとありのままの気持ちを受け入れることでも変わってくるでしょう。


パニック発作が起きたら、ゆっくりと発作が過ぎるのを待つ

パニック発作が起きたなら、慌てないでゆっくりベンチなど身体を休める場所を探し発作が過ぎるのを待ちましょう。医師に処方してもらった頓服である精神安定剤を飲むことも良いですし、少しでも落ち着ける環境に身を置き、出来る事をし、徐々に気持ちを整えて行きましょう。誰か親しい人に連絡を取って声を掛けてもらうことも必要でしょう。パニック障害の発作は10分〜1時間くらいで収まってきます。兎に角余り大慌てしないで、じっくり構えて落ち着くまで待ちましょう。立っていられない場合は寝転がって体勢を保つこともいいでしょう。


ストレスの対象から自分を守ろう

ストレスを感じているなぁと思う場合には、そのストレスの対象から少し離れることも良いでしょう。それが難しい場合には、時間を短くするなどして、ストレスに対応していきましょう。何がストレスになっているのか分からないという場合などもあります。そのような場合には無理をしないで、しっかりと規則正しい生活を送り、食事や睡眠などをきちんととるようにしましょう。目まぐるしく変化している現代社会においては、人は誰しもストレスを抱えている場合も多いです。出来れば周りの人たちとも平穏に付き合い、常にストレスの軽減に努めましょう。あまりにストレスの原因になるようなことがあれば、その原因となる人や状況や環境から離れることなども考えましょう。ストレスの原因を少なくすることで、パニック発作が収まっていくケースもあります。つらい気持ちや怒りの感情などは、心に蓋をしてしまわないで、誰かに話すことで、解放して落ち着かせていくのも良いでしょう。


環境に慣れていくことで、パニック障害に対応する

身体や心が極限状態に達している時にパニック障害は起こりやすくなっていますので、パニック発作が起こったなら、「あぁ自分には無理や負担が掛かっているのだな」と思い、あまり無理はしないようにしましょう。少しずつ、その環境に慣れていき、体調が少し良くなってきたら、パニックを起こした環境にも身を置いてみて少しずつ慣らすなど対応できるといいでしょう。予期不安に陥って、外に出ることも怖くなってしまうこともありますが、パニック障害は命に関わるものではないということと、必ず僅かな時間で収まっていくものであることをしっかりと認知して、少しずつ対応していきましょう。「どうしよう…」と考えるよりも、「大丈夫だ」と思えれば最高なのですが、もしパニック発作を感じたら、早い段階でパニック障害の改善への取り組みが大切です。酷い場合には薬物療養やカウンセリングなどを通して、自分の心の中を落ち着かせ整理して、漠然とした不安や恐怖の正体を掴めるようになることでも、パニック障害の改善に大きく寄与します。一人で怖いと悩むだけでなく、カウンセリングなどでその恐怖心を少しでも改善していけるように、聖心こころセラピーでは精神療法や暴露療法などを通して、治療を行っていきます。パニック障害について、正しい知識を持ち、適切な対応をしていけるように努めていきましょう。自分の心にかかるストレスを正しく認知し、それを緩和・克服していけるように、心の持ち方を変えていくこともいいでしょう。一人で悩まないで心の重荷を預けてください。一緒にカウンセリングと心理療法を用いて改善・克服を目指しましょう。


パニック障害に関連性のある項目