スマートフォンサイトへ
思考修整セラピー

今ある悩み・苦しみの思考を修正し 問題を解決・克服するためのカウンセリング

 
パニック障害  パニック障害とは、自制的に正常な精神状態を維持することが不可能な状態となり身体的にも過呼吸・動悸・目眩・急激な血圧や体温低下等を引き起こした恐怖体験が起因となり、それを恐れるが余り常に予期不安に怯える障害を指す。

パニック障害

パニック発作の代表的な症状

広場恐怖症

パニック障害に関連性のある項目


パニック発作

予期不安

パニック障害改善療法


パニック障害

パニック障害
パニック障害とは「不安障害」のひとつです。

パニック障害は、最近では馴染のある名称であり、その多くは「パニクった」など少し驚き慌てる様子での状況描写として、普段の会話に使われています。しかし実際のパニック障害とはそんな生易しいものでもありません。

日本で「パニック障害」という「障害」としての言葉が使われるようになったのは比較的最近のことで、世界的にも25年程前に不安障害の一種と正式に認定され、日本人の100人に1人はこの症状を経験している、という調査結果が出ています。

しかしこれは「パニック障害」と診断された人の人数であり、適切な療法を受けないままこの症状で苦しんでいる人は実際にはその数倍は存在すると考えられます。また、パニック障害は、男性に比べ女性の方が圧倒的に陥りやすい不安障害のひとつです。

パニック障害には「パニック発作」「予期不安」「広場恐怖症」という3つの特徴的な症状があり、この症状が組み合わさることで更に悪循環を生みだし、パニック障害を生活に支障が出るほどに悪化させていきます。


パニック発作

パニック発作とはストレスのかかる環境、状況に置かれた時に「突然に身体的な異常を感じ、訳のわからない恐怖、不安を覚え、混乱してしまう」症状をパニック発作と言います。程度の差はありますが、震え・息苦しさ・眩暈・動悸・発汗といった身体の異常が起きたり、不安感・死んでしまうのではないかと思うほどの恐怖感に襲われたりします。そうして、自分に何が起きたのか理解できす、混乱、パニック状態に陥ります。

この症状の特徴は、検査をしても身体的な異常が見当たらない点にあります。ですので、発作を起こして病院で診察を受けても異常が見られない為、「気にしないで下さい」程度の助言で診断されてしまうこともしばしばあります。また、この症状は10分〜1時間以内に治まることが殆どなため、病院に着く頃には症状が治まっている、ということも少なくありません。


パニック発作の代表的な症状

胸がドキドキする

手のひらや全身に汗をかく

身体や手足が震える

息苦しさを感じる、過呼吸になる

窒息感、喉に何か詰まったような感じがする

胸に痛みを感じる、気分が悪い

吐き気がする、お腹の調子が悪い

眩暈、頭がクラクラする、足元がふらつく

自分が自分でないように感じる、自分の周りに見えない壁があるような感覚

自分は気がおかしくなってしまうのではないかと心配になる

死んでしまうのではないかと怖くなる

身体(もしくは身体の一部)がしびれる、痛みを感じる

寒気がする、身体の表面がほてり熱っぽい

上記設問に4つ以上該当するならパニック障害の可能性が高いと思われます。


予期不安

予期不安とは、字のごとく「まだ起こってもいない出来事に対し予め悪いイメージを作り上げてしまう」ことを指します。

一度パニック発作を経験すると「またあんな辛い思いをするのだろうか。いつ起こるかも分からないし、怖いな・・・」「次に発作が起きたら、本当に死んでしまうのでは?」「いきなり倒れて、周りに迷惑をかけてしまうのでは」と、発作に対して強い不安を感じ始めてしまうのが予期不安というものです。

自分に何が起きたのか、どうして発作が起きたのか分からないのですから、あれこれとマイナス的な想像を巡らせ不安に感じてしまうのも当然と言えます。このように、発作が起きたことによって生じた「パニック発作に関する不安」を「予期不安」といいます。予期不安は、パニック発作を起こすたびに強くなって行きます。


広場恐怖症

予期不安を感じ始めると、次にその不安を軽くしようと、ある特定の場所や状況を避けるようになります。例えば、発作が起きた時にすぐに助けを求められないような場所を避けようとバスや電車(閉鎖された状態が一定時間続く)、高速道路や高架橋(運転の場合)に行かないようにしたり、他人に迷惑をかけたくない、発作を起こしている所を見られたくないと思い、人が集まる場所を避けたりします。このように「自分の心身を守るために生活範囲を狭めていく状態」を「広場恐怖症」といいます。

この避け方も個人差があり、特定の1〜2か所の状況や場所を避けるだけの人もいれば、付き添いの人がいればどこへでも行ける人、完全にどんな状況でも外に出たくない、という人もいます。 また、予期不安が起きているから必ず広場恐怖症を発症する、という訳ではありません。


以上のように、パニック発作→予期不安→広場恐怖症の負のサイクルが慢性化すれば、その不安感や恐怖、ストレスのかかる環境が元で気分が塞ぎ込んでしまいます。上記に記したパニック発作の症状が4つ以上繰り返し起こり、発作に対する予期不安が1カ月以上続く場合、パニック障害の可能性が高いと思われます。

パニック障害の原因は完全には解明されていません。しかし、本人の性格や心に問題があるのではなく、何らかの理由で脳が不安を起こしやすい状態になっている、と考えられており、病院で処方される薬物療法、当名古屋聖心こころセラピーでも行う心理療法・精神療法といった改善法が存在します。パニック障害の場合は両方を併用するのが望ましいと考えています。


パニック障害改善療法

薬物療法
SSRI、スルピリドを始めとする薬によりパニック発作、予期不安を起きにくくします。薬によって症状が徐々に軽減され始めたら「薬を飲まなくてもパニック障害を起こさない」ことを目標に、医師の指示に従い少しずつ薬を減らして行きながら、我々のセラピーなどで認知行動療法潜在意識療法などといった心理療法を行っていきます。パニック障害に対する行動療法では、後述する暴露療法が用いられることが多いです。


精神療法
パニック障害に対して、精神療法では認知行動療法や催眠療法など、いくつかの治療法を併用し、症状に対しての不安感、恐怖感を軽減していきます。

パニック障害とはどのような状態なのか、不安、恐怖を感じるのは何故か、を知り「自分の状態は改善できるものだ」という認識を持ち、発作が起こるようなストレスがかかる原因を共に考えていきます。そうすることによりパニック発作が起きそうになったとしても「これはパニック発作の症状だ、ちょっと仕事に気を張りすぎたのかも」と自身の状態を受け入れ、冷静に対処できるようメンタルトレーニングを指導して行きます。


暴露療法
どんなに怖いお化け屋敷でも、何度も入ると怖くなくなります。このように不安や恐怖を感じるものにあえて近づき、慣れることで恐怖を感じないようにしていく行動療法を暴露療法と言います。広場恐怖症で行き辛い、と感じている場所に行けるようにして行きます。とはいえ、嫌いな食べ物を何度も食べてもそう簡単に嫌いな気持ちが無くならないのと同じで「怖い」と感じる場所に行くのも「本当にこれで症状は改善するのだろうか」と不安に思うでしょうし、行くこと自体に相当の勇気と覚悟が必要でしょう。

その「勇気と覚悟」を持てるようカウンセラーと相談しながら、他の精神療法や医師の指示に従う薬物療法を併用し症状を改善して行き、その状態に合わせて、少しずつ行動範囲を広げていきます。