人格障害のカウンセリングは名古屋聖心こころセラピーへ


名古屋 不安・心の悩み

人格障害・パーソナリティ障害     Writing By Kitayama

人間の物事に対する考え方や、行動パターンは人それぞれであり、個性として尊重されるものです。しかし著しく偏った考え方や、反社会的な行動は本人の社会への適応を困難にさせるだけでなく、対人関係においても大きな影響を及ぼします。一般の人に比べ著しく偏った行動をし、社会通念や常識を超えて、社会的・職業的に障害を引き起こしてしまっている場合には「人格障害」の可能性が浮上してきます。


人格障害・パーソナリティ障害の特徴
「人格障害」の特徴としてはまず「本人に自覚がない」ことが挙げられます。そのため知らず知らずのうちに周囲の人を困らせたり傷つけてしまうことがあり、トラブルメーカーという印象を持たれることがあります。こういった状況が深刻化し、生活する上で問題が数々発生することにより始めて、自分の人格障害を自ら認識することも稀にあります。人格障害は、青年期や成人期の早期に始まる場合が多く、その状態が長く続き、不安や抑うつなどの精神状態に陥ることもあります。しかし、こういった症状が出ていても、本人は自分の人格が原因だと認めようとはせず、この問題は誰かのせいであると思い込んでいる傾向が殆どです。

「人格障害」という言葉は、どこかネガティブなイメージがあるため、最近では「パーソナリティ障害・パーソナリティー機能障害」と呼ばれることも多くなりました。
一言に人格障害といっても色々なタイプがあり、下記のように「不安・心配型人格障害」「激情型人格障害」「病理的人格障害」の3つの人格障害に分けることが出来ます。




 心配・不安型人格障害

自分に自信が持てず、常に不安や心配が強いタイプであり、人格障害のレベルとしては比較的軽い人格障害だと言えます。


回避性人格障害
回避性人格障害は、恥をかいたり、嫌われることを極度に恐れるために、人と深く関わることを望まず、社会的な交流をなんとか回避しようとする傾向を持ちます。男性に多く見られる人格障害で、「統合失調質人格障害」とは違い、孤独感や人との交流が苦手であることに対して悩みます。一見「人間嫌い」のように見えますが、実際は人を求める気持ちを強く持っており、自信の欠如や低い自己評価から、積極的に行動することが出来ないのが回避性人格障害の特徴です。


依存性人格障害
依存性人格障害は、不安や恐怖心が非常に強く「誰かに世話されたい」「誰かに支えられていたい」という過剰な依存的欲求を常に持っています。
特に親密な人に嫌われるのではないかという“見捨てられ不安”があるために、消極的な態度を取るかと思うと、逆にしがみつくような行動をしてしまいます。人によっては、相手からの愛情や支持を得るために不快な事まで自ら進んで行ってしまうことも少なくありません。「依存性人格障害」だと自覚が無い人も多く、依存対象がなくなり、強い不安感や抑うつ感に襲われた時に始めて、自分の障害に気付く人もいます。


強迫性人格障害
強迫性人格障害は、完全主義・完璧主義であり、社会的なルールや道徳、価値観に異常な程に従順です。秩序や順序など細かい事にこだわりが強過ぎるため、柔軟性が全く無く、固くて頑固な印象を人に与えます。本人だけでなく、他人のミスや失敗をも許せないために、優しさや思いやりといった感情を容易に示すことができません。娯楽や友人関係を犠牲にしてまで、仕事などにのめり込む傾向があるためワーカホリック(仕事依存症)やうつ病に陥ってしまう危険性がこの強迫性人格障害にはあります。





 激情型人格障害

主張が演技的で、感情の波が相当に激しいのが特徴です。
自己中心的で精神的にも不安定であり、他人を巻き込むことが多くトラブルメーカーの要素が強いのが激情型人格障害と呼ぶものです。


境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)
すべての人格障害の中でももっと患者数が多く、その大半は女性です。今後も増加傾向にあると思われます。感情のコントロールに問題があり、気分の変動が激しいことから、躁うつ病と間違えられることもあります。境界性人格障害者は「見捨てられ不安」を強く抱いているため、寂しさや怒り、自暴自棄の感情が常に沸き起こり、相手が自分を見捨てないかを試し続けるために自分の気が済むまで相手に詰め寄ります。そのため安定した人間関係を築くことが困難になり、対人関係においてトラブルを常に起こしてしまいます。敵味方がはっきりしており、その自分の味方に不満を感じると即座に敵に変化してしまう程の衝動性が常にあり、クレーマーと呼ばれる人はこの境界性人格障害に属することが多いと考えられます。


自己愛性人格障害
自己愛性人格障害とは、ありのままの自分を愛せないために、自分が人よりも優越的で、素晴らしい特別な存在でなければならないと思い込む人格障害です。自分の思い通りに物事が進むことが当然だと思っているため、他人から批判や指摘を受けると直ぐにカッとしてしまいます。また、自分の優越感のために平気で人を利用したり、他人を軽蔑をすることに快感を覚える傾向もあるために安定した人間関係を築くことができないのが自己愛性人格障害の特徴です。


反社会性人格障害
反社会性人格障害は、10代半ばから20代前半の男性に多く見られ、自分の利益のために、人の権利や感情を無神経に軽視する傾向があります。自分自身しか信頼しないため、はやり人も自分と同様に「他人とは自分に対して危害を与えるもの」として認識しています。そのため、不満があるとすぐに相手を敵とみなし、感情を抑えられず暴力的をふるうことも少なくありません。また自分の利益のために平気で人を騙したり、嘘をつくこともあり、違反や犯罪を繰り返す傾向があり、これらが反社会性人格障害者の特徴です。


演技性人格障害
日常生活において、常に人の注目を集めたがり、外見を異常なほどに気にするという特徴があります。90%近くが女性であり、芝居がかった大袈裟な言動をし、異性の注目をひくために、性的欲望を挑発するような行動をとったりもします。自分の行為が注目されないと、自分に価値が見出せないため、本人にとってはストレスになってしまうため更に華美さを追求し過ぎてしまう傾向にあります。一見、表現力が豊かで活発的にも見えますが、精神は結果に対し完璧を求め過ぎてしまう為、非常に不安定で、感情的混乱が激しいのが演技性人格障害者の特徴です。




 病理的人格障害

病理的人格障害とは、他の人格障害に比べ遺伝的に分裂病気質を持っていることが多く、奇妙で風変わりといった印象を持たれるタイプの人格障害です。


妄想性人格障害
妄想性人格障害とは、極度に疑い深く、他人の意見をすべて自分の批判だと解釈してしまいます。十分な根拠がないのにも関わらず、他人が自分を利用している、危害を加えようとしていると訴えたり、目が合っただけで「にらまれた」と主張してしまうため、周囲の人も次第に恐れるようになります。人に侮辱されたり、傷つけられるようなことがあれば、そのことをずっと根に持ち、恨みを抱き、時には逆襲を企むこともあり危険性を内在化しています。プライドが強く自分に対する評価に敏感で、不当な扱いを受けると激怒したり暴力をふるうこともあるのが妄想性人格障害の特徴です。


統合失調質人格障害(シゾイド型人格障害)
「統合失調症」が持つ症状(自閉症、興味や喜びの消失など)と関連が深い人格障害と考えられており、2002年までは「分裂病質人格障害」と呼ばれていました。
社会的にも、対人関係においても孤立していますが、もともと人付き合いに関心がないために、そのことについて悩むことはありません。他人に批判されても褒められても関心が低く、感情表現が乏しいため、静かで大人しいイメージを持たれることがあります。一人でいる時に何かに熱中することは余りなく、空想が好きで、社会的な常識に対して、鈍感とも言えるほど興味も関心もないのが統合失調質人格障害の特徴です。


統合失調症型人格障害(分裂病型人格障害)「神秘的思考」
統合失調症型人格障害(分裂病型人格障害)は、成人期の早期に始まり、人と親密な関係を続けることができず、協調性に欠けています。
また、あらゆることが自分と関係していると考える「関係念慮」を持っていて、人がコソコソ話しているだけで、自分の悪口を言っていると感じてしまいます。この「関係念慮」は統合失調症に似ている症状だと言えます。その他にも、超能力、神秘的思考、霊感やテレパシーなどに強い関心がありますが、幻覚や幻聴などの兆候はありません。周りからは非常に風代わりで奇妙な人という印象を持たれるのが統合失調症型人格障害(分裂病型人格障害)の特徴です。


解離性同一性障害
解離性同一性障害は、かつては「多重人格障害」と呼ばれていました。この解離性同一性障害は人格障害の中の「境界性人格障害」と混同されることが多くありますが「境界性人格障害」は気分変動が激しく自己からの解離の状態が無いのに対し、「解離性同一性障害」は、主人格とは別の人格“交代人格”を生み出してしまいます。




 人格障害の克服に向けて

このように一概に「人格障害」といっても、種類や症状は様々であり、全てが同じ原因で発症しているとは言い切れません。遺伝的な要因と幼少期の生育環境などの社会的要因が複雑に絡み合って障害が起きているとも考えられていますが、そこに共通して存在するのは潜在意識の中に宿る「偏った考え方」や「歪んだ価値観」です。名古屋聖心こころセラピーでは、このような思考パターンを修正し、世の中や人に対して正しい見解を持つためのコーチング・認知行動療法・潜在意識療法・北山式ヒプノセラピー手法を駆使し、人格障害の改善・克服を促します。



「不幸に結びつく衝動を抑え、
幸福に結び付く考え方・捉え方への移行を促進します」


カウンセリングの名古屋聖心こころセラピートップページへ



TEL:052-951-7133

コンテンツ
心理カウンセリング
北山式心理療法
潜在意識療法
ヒプノセラピー
認知行動療法
自律訓練法
メンタルヘルス
EAP(従業員支援プログラム)
その他の療法
カウンセリングセラピストプロフィール
カウンセリングセラピールーム
名古屋聖心こころセラピーQ&A
名古屋聖心こころセラピーDATA
お申し込み・ご予約について
料金のご案内
ご案内図
プライバシーポリシー

聖心こころセラピーカウンセリングセラピストブログ


予約カレンダー

聖心こころセラピー「アシスタント日記」

北山ゴルフクラブ


カウンセリングの名古屋聖心こころセラピー






携 帯 サ イ ト 入 口


QRコード

●サイトマップ●

愛知県名古屋市東区泉1-7-35
廣文社ビル3階
栄TV塔近く



カウンセリングセラピールーム
カウンセリングの名古屋聖心こころセラピー

Copyright (C) 2008 Nagoya Seishin Cocoro Therapy.All Rights Reserved    当ホームページの画像を含むコンテンツの全部または一部を無断転用・転載することは法律で禁止されています。