スマートフォンサイトへ
思考修整セラピー

今ある悩み・苦しみの思考を修正し 問題を解決・克服するためのカウンセリング

 
対人緊張  緊張とは対人緊張であり、そこに人が居なければ緊張は無い。いわゆる緊張イコール人間関係とも言える。自己肯定感が低く自己否定があり物事の捉え方の柔軟性にも問題がある。精神や肉体面の反応抑制する思考を構築すれば大丈夫。

緊張

緊張の本当の原因

対人緊張に関連性のある項目


対人緊張症

緊張克服に向けて


緊張・対人緊張・あがり症・赤面症・吃音症・手足の震え・身体硬直

緊張・対人緊張・あがり症・赤面症・吃音症・手足の震え・身体硬直
結婚式でのスピーチ・会社訪問での面接・ピアノの発表会・スポーツの試合前など、緊張するが余り思うように上手くいかなかった経験は誰にでもありますよね。そのような時に人は「緊張さえなければもっと上手くできたのに」と悔しく感じてしまう事でしょう。

そもそも緊張とは人間の誰もが持っている防衛本能であり、生きていく上で必要なものなのです。しかし多くの人がその不快な症状から緊張する場面や行動を避けようとてしまいます。「この緊張さえなければ・・」と新しいことにチャレンジすることを二の足を踏み諦めてしまうことも少なくありません。

緊張には、やや緊張を感じる場合や、頭が真っ白になるほどの極度な緊張を体感する場合など、度合いがさまざまです。適度な緊張は日常生活においてパフォーマンスを上げるのには良い効果を与えてくれますが、極度の緊張は時に大失敗を生み出し、それがトラウマ化してしまい、私たちにその都度苦痛をもたらすことになります。

私たちが緊張してしまう背景には必ずと言っていいほど人に対する強い恐れと不安の感情があります。「緊張を悟られたくない」「緊張するなんて恥ずかしい」緊張が極限状態に達すればあがり症赤面症を通り越し、手足の震え発汗吃音体の硬直イップス)などの対人緊張症を引き起こしてしまいます。


対人緊張症

対人緊張症とは、初対面の人や人前でスピーチしたりなどの状況で「相手は自分をどう思っているのか、どう評価されているか」と自動的にスイッチが入り極端な不安状態になる状態を指します。この症状に悩んでいる方は、大勢の前だけではなく、家族や親しい友達の前でさえも緊張した症状が出てしまうことが多々あります。対人緊張が酷くなると、人の視線を怖がってしまう視線恐怖に陥ってしまうといった心の問題だけでなく、体にまでその反応が現れるようになってきます。それには、下記に記すように、あがり症・赤面症・吃音・手足の震えなど様々な形があります。


1.あがり症
特に体に悪いところがないのにも関わらず、人前に出ると、心臓がドキドキしたり、冷や汗をかいたり、言葉が出てこなくなったりする現象です。あがり症は過去の他人の前での失敗経験がトラウマのようになり、似たようなシチュエーションになると、「また失敗したらどうしよう」と緊張状態を自ら酷くさせると言われています。


2.赤面症
赤面症とは、人前で顔が赤くなってしまうことを恐れるが余り、実際に意識が高まり過ぎ結果顔全体に赤らんでしまう状態を指します。赤面症の人は「人前で顔が赤くなるのはみっともないこと」と悩んでしまうために人と会ったり話したりすることで赤面を苦痛に感じてしまい人間関係を極力避けてしまいます。

赤面症は真面目で几帳面な人がなりやすく些細なことにも関わらず、本人が「人から変に思われるのではないか」などと深刻に考えてしまうため、より重症化してしまうと言われています。幼少期の頃や思春期の頃に赤面のことで馬鹿にされたり、からかわれたりした経験のトラウマが原因。育てられた生活の中で親から赤面を指摘されたことがキッカケとなる場合も多い事例です。


3.吃音症
吃音(きつおん)とは、言葉が連続して発せられる「言葉がドモる」状態、または瞬間的に第一声が出なかったり、と円滑に話せない症状を言います。人前で話す時に吃音を起こしてしまう方の多くは「上手く話さなければいけない」「分かりやすく話さなければいけない」などという焦りの心理が無意識的に働いていることが多く、しっかりと話そうと思えば思うほど、余計に増幅され吃音が酷くなってしまいます。

意外に実際は本人が気にするほどでも無く、ポイント的に時折ある吃音に怯えている方も多いのが特徴です。しかし本人にとってはこの上なく吃音が治らなければ前に進めない程に深刻な悩みとなります。


4.手足の震え
人間は緊張を感じると「交感神経」が優位になるため、手足の震えや冷えなどの症状が起こり易くなります。誰でも緊張時には多少経験したことのある症状ですが「手足の震えを人に見られるのは非常に恥ずかしい」「緊張していることで気が弱いヤツと馬鹿にされるのには耐え切れない」と強くそれを否定すれば益々余計に震えを増幅させ、自分の意識だけでは抑える事ができなくなります。そして緊張の場面が近づくと震えの再現を想像し恐怖と逃避思考で食事も喉に通らなくなるほどに思い悩んでしまうとても辛い状態に陥ります。


5.緊張性多汗症・精神性多汗症(手汗・発汗)
人前で緊張を感じると「手足・脇・背中・頭」などに異常発汗をしてしまう症状です。この症状は発汗恐怖、発汗恐怖症、局所多汗症、多感恐怖などとも呼ばれており、汗をかく場所は、手のひら、脇の下、背中、足など、人によって様々です。「多くの汗をかくことは異常であり普通ではない」または良くないことと考え、必死に抑えようとし、結果余計に症状が酷くなります。手汗を気にし過ぎるが余り、女性との交際に踏み切れない方が相談に来られます。「これさえなければ」と本人にしか分からない深刻な悩みなのです。


6.イップス・身体の硬直
イップスとは、アメリカのプロゴルファーがパットの際に極端に短くパッティングしてしまったり明らかにカップをオーバーしてしまうことが続きトーナメントから引退した原因の極度な緊張が身体に及ぼす影響ををイップスと呼ぶようになりました。

スポーツにおいてプレーをする際に体が通常と異なる動作が起こる極度な緊張状態をいいます。緊張のために上手くプレーが出来ないという程度ではなく、過去のミスなどをきっかけに、類似した場面で体が固まって動かなくなり、完璧主義や人の評価を気にする方に多いのですが、加齢による脳の変化がもたらす場合も稀にあるようです。「イップス」という表現はゴルフに限らず、野球やテニスなどの球技でよく使用されていますし、プロの世界でも珍しくありません。

極度の緊張状態になると一時的に身体が硬直することがあります。これは、防衛本能として脳がノンアドレナリンを過剰に分泌し、交感神経を活性化させることで筋肉が萎縮するために起こります。つまり、身体を動けなくして、その行為を拒否している状態だといえるでしょう。そして無意識に呼吸も浅くすることで、緊張という不快感を感じないようにしてます。


緊張の本当の原因

上記「対人緊張」「あがり症」「赤面症」「吃音」「発汗」「震え」「イップス」「身体の硬直」などの緊張状態は「人に低く見られるのではないか」という今の状況に対する恐れと共に「以前も緊張で失敗したのだから、今回もダメかもしれない」という過去の体験による恐怖から来ています。しかし、実際の根本的原因には育った家庭環境の中で体験した感情や思考パターンが、現在の対人への恐怖を強めている場合が非常に多いのです。

厳しいしつけや安心感のない家庭で育った子供は慢性的に不安による緊張を抱きやすくなります。特に教育熱心な親は、わが子を「いい子」にするために、子供を習い事などに追い立てたり、失敗をさせまいと必死に教育します。子供は親の期待に応えようと頑張るのですが、次第に「いい子じゃないと見放されてしまう」「失敗したら怒られてしまう」という不安や恐れを抱くようになり、本人の中に「失敗は許されない」という思考パターンが構築されてしまいます。

自分を表現したり、失敗することを「いけないこと」と思い込んでしまった大人は、人の評価を必要以上に気にしてしまい、緊張を自ら高めてしまうようになるのです。


克服に向けて

本来、緊張も失敗も人生においては必要不可欠なものです。「逆もまた真なり」緊張してしまう自分を受け入れられるようになれば緊張から解放されます。でも「分かってはいるが自分では・・・」ですよね。名古屋聖心こころセラピーの潜在意識療法は考え方をより良い方向へと切り替えていくためのコーチングやメンタルトレーニングを行っていきます。そうする事により、自分自身を苦しめているさまざまな状態の沈静化を図ります。

そして自分の今ある現状を受け入れられる考え方の土台を構築していく事で、自分にも対人関係に自信が持てるようになり、様々な症状からも対人緊張からも解放され、人前に出てもリラックスの中で楽しく堂々と話せるようになることは難しいことではありません。


「緊張克服の対策は十分に心得ています」