スマートフォンサイトへ
思考修整セラピー

今ある悩み・苦しみの思考を修正し 問題を解決・克服するためのカウンセリング

 
性格改善  今持つあなたの性格・気質・考え方の根本は
「どんな親に」「どの様に対応され」「どの様に育てられたか」で決定される。トヨタの「カイゼン」同様に、捨てるべきは捨て、変化すべきを変化させ、より良いものへと改善できるはず。

 < Contents >

 1.性格改善とは自分に合う考え方への導き

 2.悪い自己暗示を止めることから始めよう

 3.性格改善により過去のトラウマを消し去る

 4.人の顔色を窺ってしまう自分を性格改善する

 5.性格改善により「まぁいいか」の精神を作る

 6.性格改善はむしろ楽しいことであると考えよう

 7.性格改善により自分らしい生き方を追求しよう
   
 性格改善 関連性のあるページをピックアップしました
アダルトチルドレン 自己否定・自己嫌悪

 1.性格改善とは自分に合う考え方への導き

考え方の癖に気づこう・・・。性格改善
もっとこんな性格になれたら毎日楽しく過ごせるのになぁ。とか、こう考えると気持ちが楽になるのにぁと考えることはないでしょうか。相手を変えることはなかなか難しいのですが、自分を変えることにより、周囲の人も変わっていく可能性も高まり、良い人間関係が構築されれば人生がより楽しいものに変わっていくでしょう。

性格とは、遺伝的にもともと持ち合わせている気質と、その人が生まれ育ち、今に至るまでに形成されたものが折り重なり合ってできているものだと考えられています。

性格は変わらないと思われる方も多いかもしれませんが、遺伝的な要因のある気質と異なり、性格は気質の上に成り立っていて今までの環境的な要因が強いものなので、性格改善は十分に可能です。

但し「性格が変わったらいいなぁ」「もっと明るい性格になれたらいいなぁ」というような希望的・楽観的な意思ではなかなか変えられるものではありません。「自分はこういう性格になるんだ。」と「決定」する事が性格改善にはとても重要なものとなります。

先にも述べましたが、性格とは、その人が育ってきた環境による後天的な要因により作られるものです。何か悩みを抱えている人はそればかりが気になってしまう為に自然と性格も暗く、うつ気分になったり不眠が続いたり、行動も制限されるようになってきます。

しかし、悩みが解消されていくと、自然と表情も明るくなり行動も活発になってきます。

聖心こころセラピーの性格改善

名古屋聖心こころセラピーで、心理カウンセリングや心理療法を行ったクライアントの方の中には悩みが解消された事で最初の頃とは比べようもなく性格が明るくなられ、自分でも気がつかないうちに自然と性格が改善され、クライアント本人も自分自身の変化に驚き、喜ばれる方が多くいらっしゃいます。

それこそ聖心こころセラピーの特徴の一つです。しかし性格改善から始める場合は、先ず自分はどういう性格なのかを知り、そのまま素直に認め受け入れることが必要です。今の自分の性格が嫌いだからと逆の性格になろうと思ってもそれは徒労に終わる事でしょう。

今の自分の性格を受け入れ、その上でどこをどうしたいのかを明確にし、その為に何が必要なのかを順番に考えていかないと、性格改善は行えません。

今の性格は、今まで生きてきた環境から影響される考え方の癖によってできています。その考え方の癖というものは潜在意識の中で形成されており、自分の意思の力だけ考え方の癖を変え、性格改善をしていくのは難しいものです。

聖心こころセラピーでは、まず心理カウンセリングによって、今どういう性格でどういった考え方の癖があるのか、本人がどういう変化を望んでいるのかを判断し、最善の方法を模索します。その後、北山心理療法によって、潜在意識の中にできてしまった考え方の癖を自分の望んでいる考え方へと切り替えていくためのお手伝いをいたします。

このように心理カウンセリングと認知行動療法を組み合わせる事で、考え方をよい方向へと切り替えていく事ができれば、自然と性格改善されていきます。

 2.悪い自己暗示を止めることから始めよう

考え方という「思考パターン」は生まれた時にはまだ何も持ち合わせてはいない無垢な状態です。従って思考パターンは、育ってきた環境や今まで受けてきた人からの扱いなどによって、後天的に作られたものです。人から褒められることや、評価されることが増えれば、自分の自信として繋げることが出来ます。

一方で褒められた経験が少ないことや、何をしても、「そんなことしか出来ないのか」のような言われ方をされてしまえば当然に自己評価も低くなってしまいます。

自分のしていることに自分なりに評価がつけられれば良いのですが、他者の評価というものも実際には気になるものなので、自己満足に終始するのではなく、誰かに褒めてもらうことや、認めてもらえるようなことをしたいと思う感情もあるでしょう。

そんな中で、「自分には出来ない」「自分はダメな人間なのだ」と考えてしまうのは、自分に出来ないという暗示を自ら掛けてしまう状態となり、自分が生きて行く上で大きな支障が起きます。何事も最初は出来ないことが普通で、誰でも経験を通して出来るようになることも多いのです。

事を始める前から諦めるのではなく、やってみるという気持ちが大切です。自分ならできる!という気持ちで挑んでみるのもいいでしょう。分かっていても難しい場合にはどうぞカウンセリングを受けにいらして下さい。

 3.性格改善により過去のトラウマを消し去る

過去にいじめられたとか、トラブルが起こったという経験があれば、またその状況に陥るのが怖くなり一歩も踏み出せない場合もあるかも知れません。しかし、同じ状態がまた起こるとも限りませんし、勇気を出して行動を起こしてみるのもいいでしょう。

もちろん無理をする必要はありませんので、できる範囲で少しずつ、人と話をすることや、行動を起こすこともいいでしょう。自分の中にある警戒心は自分の心を守る頼もしい鎧ですが、それと同時に、自分を出す機会を失っている場合もあります。

すべての自分を受け入れてもらおうとするよりは、少し人に合わせる部分も必要になるかもしれません。同時にカウンセリングや心理療法も取り入れて自分の人生を妨げる過去のトラウマを外すことも考えましょう。

 4.人の顔色を窺ってしまう自分を性格改善する

人の顔色や評価が必要以上に気になってしまうのは、自分自身に自信が持てないことの表れでもあります。

自分の行いが人から評価されればそれは一番嬉しいことなのですが、そうでない場合も当然あり、相手軸で考えて、「自分はダメなのかなぁ…」と自己否定の感情に囚われてしまうこともありますので、そういう場合には評価してくれる意見にも目を向けるようにしましょう。

同じことでもそれを評価してくれる人もいれば、興味を持たない人もいます。まして批判してくる場合には、「自分の至らなかった部分などをきちんと修正してくれるありがたい存在だな」と思うのか、ただ単にその人の人格に問題があるのかは自分で見極めなくてはなりません。

やりたい!好き!楽しい!興味がある!…自分の本当の気持ちを大切にしなければ自分の人生とは言えないでしょう。すべてを相手の思い通りにするのは不可能だと考えることも必要です。そこで、無理に相手に迎合し過ぎれば自分が無くなってしまうことにもなりますので、それは十分に注意しましょう。

 5.性格改善により「まぁいいか」の精神を作る

何か悩み事などがあった時にも、「まぁいいか」とか「大丈夫」とか思えるような精神状態を作ることも大切です。人は一旦悩み出すと悩みは尽きないもので、「明日地震が起こって死んだらどうしよう」とか、「あの人、話しかけた時に凄く不愛想で自分がなにか相手に悪いことをしたのかな」とか思うこともあるかも知れません。

実際には体調が悪かったのかも知れないし、機嫌が悪かったのかも知れません。「必ずしも自分が原因ではない」と自分を守る発想を持つと少しは楽になるでしょう。何でもかんでも自分のせいだと思ってしまう自己肯定感の薄い人もいるのですが、そんなことはありません。

むしろ人は自分のことしか考えていない場合が殆んどですし、人のことははいちいち気にしていないことの方が多いものです。人間関係は振り返らないことが基本です。

 6.性格改善はむしろ楽しいことであると考えよう

何か上手くいかないな。とか自分はダメだな。とか自己卑下を感じる場合には、趣味でもスポーツでも何か一つのことを継続して焦る事なくジックリと取り組んでみましょう。

自分で続けられることが次第に増えて行けば、こんなことも出来るんだなぁとか、ここまで出来るようになってきた、など自分の中での自己肯定感が高まるようになります。少し苦手だけどやってみようと続けてみることで、効果が出てくることもありますので、自分の好きなことを静かに継続したり、また熱中することも良いでしょう。

それを続けるために、ではどうするかということをまた考えるなど、ポジティブに物事を捉えられるように自分の気持ちを変えて行きましょう。少しくらい失敗したとしても、そんなこともあるよね。と考え、何か人から批判などを受けてもやめずに続けて行くことも必要ではないでしょうか。

その中で評価してくれる人が出てくる場合もありますし、それがまた自己肯定感を高めていくことへも繋がります。勉強もその一つですし、スポーツや音楽などの活動も良いでしょう。常に保守的になりやすい自分自身に今までとは違う新鮮かつ斬新な刺激を与え続けて行きましょう。

 7.性格改善により自分らしい生き方を追求しよう

悩みが多い人の中には、人を喜ばせたいとか、人の役に立ちたいと思っている人も多く居ます。しかし、この世の中には自分の利益のためだけに人を支配しようとする人も存在しますので、その様な人にまで合わせる必要は全くありません。一回こっきりの人生です。

自分の生きたいように生きて、毎日を楽しく過ごせるように、自分の心を鍛えることも大切です。失敗をしたのなら、明日からは改めることで良くなって行きますし、一人で改めることが難しければ、聖心こころセラピーにお越しいただいて、カウンセリングで自分の気持ちを整理することもできます。

何に悩んでいるのかもよくわからないけれど・・・。という場合には、カウンセリングで心の奥に潜むモヤモヤを見つけ、メンテナンスを行うことをお勧めします。自分の性格を改善することは何も難しいことではありません。自分の今の気持ちを自分で知り成長させるためには、カウンセリングはとても有効な手段の一つです。