スマートフォンサイトへ
思考修整セラピー

今ある悩み・苦しみの思考を修正し 問題を解決・克服するためのカウンセリング

 
不眠症・睡眠障害  不眠症いわゆる睡眠障害の根本原因は「不安」であり、それには自覚ある不安と自覚なき不安がある。そして眠れないことへの不満を小姑の如くケチをつけたがり、必要以上に執着する。
神経症の一種であり「性格改善」が必要である。

不眠症・睡眠障害

不眠症とは

不眠症の方のケース


睡眠障害とは

不眠症の原因と克服に向けて

不眠症・睡眠障害に関連性のある項目


不眠症・睡眠障害

不眠症・睡眠障害
眠れぬ夜は何故こんなにもながいのでしょう
世界中でたった1人になってしまったような恐ろしい程の孤独感
時を刻む針の音がやけに神経を刺激する
本当に朝が来るのだろうか・・・

不眠症と睡眠導入剤

眠れなければ睡眠導入剤の量を増やす、もしくは更に強い薬を処方され、その眠剤により「ボンヤリ」「ボー」となり日常生活に支障をきたしている方が多く見受けられます。日々のストレスの変化に薬のみで対応できる筈もなく、薬によって身体の倦怠感や場合によっては「薬物依存症」に陥る危険性もあり、薬によって心身がさらに病んでしまうという本末転倒な話にも成りかねません。薬の有効性を否定するものではありませんが、不眠症の多くには「心的要因」が隠れています。それを解決することにより「深く上質な睡眠」が自然に手に入ります。

「不眠症」とは「睡眠障害」の代表的な症状の1つであり、睡眠が十分に取れないために「疲れが取れない」「集中できない」といった身体症状や精神症状が現れ、昼間の生活に支障をきたす状態が続くことを言います。睡眠は個人差が大きく3時間の眠りで平気な人もいれば、8時間寝てもまだ眠気を感じる人もいらっしゃいます。

現代のストレス社会の影響で、子供から大人まで不眠症・睡眠障害に悩まされている人は非常に多く、日本では人口の約21%、つまり5人に1人が、眠りに関する何らかの問題を抱えていると言われています。不眠・睡眠障害が長く続けば集中力の低下や、眠気や倦怠感などの症状が引き起こされ、極端な場合は、居眠り事故などで周囲に迷惑や心配をかけたり、内臓機能の低下により生命の危機に繋がってしまう可能性が不眠症にはあります。

「睡眠」は、脳や身体の疲労を回復させ、免疫機能を強化する働きがあるため、私たちの健康維持に必要不可欠な存在だと言えるでしよう。


睡眠障害とは

「睡眠障害」という言葉は「睡眠に関する障害の総称」として、ここ数年の間に使われるようになりました。睡眠障害の中には「不眠症」だけでなく「いびき」や「寝言」なども含まれます。代表的な症状として、眠ろうと意識し過ぎ眠れなくなってしまう「精神生理性不眠症」・過眠症として知られる「ナルコレプシー」・睡眠中に呼吸が止まってしまう「睡眠時無呼吸症候群」などが挙げられます。


不眠症とは

「不眠症」は「睡眠障害」に含まれ、睡眠障害の中で最も多い症状です。「不眠症」はただ寝付けないという訳でなく、夜中に目が覚めてしまうなど様々であり4つのタイプに分けることができます。


1.入眠障害(入眠困難)
いわゆる「寝つきが悪い」という症状で、不眠症の中で最も訴えの多い症状です。一般的には、眠りにつくまでに30分以上掛かるとされ、一旦寝てしまえば、朝まで眠り続けるという特徴があります。「今夜は眠れるだろうか」「眠れなかったらどうしよう」と布団に入る前から既に過剰な意識に苛まれ「不眠恐怖」に陥ってしまうことがあります。

そして眠れないことに対する不安や、眠らなければならないという焦りなどの心的要因から、益々不眠状態が続いてしまいます。この症状を「精神生理性不眠症」と呼び、ストレスによる緊張、興奮から起こります。


2.熟眠障害
寝つきも悪くなく、睡眠時間が十分であるのにも関わらす「熟睡感」を感じられない不眠症状で、若い世代によく見受けられます。睡眠が浅く夢ばかり見てしまうため、朝もスッキリと起きることができず、昼間の仕事や授業に集中力が散漫となり、肉体疲労や倦怠感がおきてしまいます。周囲の人がその様子を見ても睡眠不足のせいだと思わないため、周囲にもヤル気が見られず誤解されやすく悩んでしまうのが特徴です。


3.中途覚醒
寝つきが良いのにも関わらず、夜中に何度も目が覚めてしまう症状です。男性よりも女性に多く見られ、基本的に朝までに2回以上起きてしまうという特徴があります。一度起きてしまうとその後寝付けなくなることもあり、結果的に睡眠不足のように体に疲れが残ってしまうことが多くあります。お酒を飲まないと眠れないという理由でアルコールを摂取してしまうと、余計に中途覚醒が出やすくなるので控えた方がいいでしょう。


4.早朝覚醒
早朝4時・5時など特に早く起きる必要性がないのにも関わらず早くに目が覚めてしまう症状で、加齢によって起こる場合と、うつやストレスなどの心理的要因によって起こる場合があります。加齢によって起こる場合は「老人性早朝覚醒」といい、年齢と共に睡眠に必要なメラトニンが減少してしまう事で、朝早く目が覚めてしまいます。一方、うつなどの精神的な要因からくる早朝覚醒は、中途覚醒や入眠障害なども伴うため、睡眠が全体的に不規則になってしまうことも少なくありません。


不眠症の原因と克服に向けて

そもそも不眠症はちょっとしたストレスが原因で眠れない日々が始まります。やがて不眠が続くとその不眠が習慣となり、眠れない状態が固定化されてしまいます。簡単に言うと、寝付きが悪く、何度も目を覚ましてしまう「癖」がついてしまった訳です。

しっかりと睡眠がとれないと気分はもちろんのこと、体調さえも崩しがちになり、日常生活に支障をきたしてしまいます。言うまでもなく本来、人は眠るようにできています。「陽が落ち夜遅くなると眠くなる」というのは人間が持つ自然な現象であり、誰もが持つ当たり前の欲求であるため、眠くなるという意識を取り戻すのはそれほど難しい事ではありません。

不眠症の原因として、不規則な生活や睡眠環境の変化、精神的ショックなどが挙げられますが、いずれの場合も心因的なストレスがベースにあり、それが「不眠の癖」を作り出してしまいます。「不眠の癖」は体内時計を乱すだけでなく精神バランスをも崩してしまうため、潜在意識に「眠れる癖」を浸透させる必要があります。

「不眠症」は実のところ“不眠”自体が問題なのではなく、幼少期の成育環境によって作り出された性格や考え方が問題である可能性があります。育った環境や、関わった人の影響により、ちょっとした事で不安を感じ易い性格を持ってしまうと、結果的に「トラウマ性うつ」を発症し「不眠」に陥ってしまうケースが非常に多くあります。

またその逆で不眠によってうつになるという場合も珍しくありません。「不眠症」の人は、眠れない辛さを強く訴えますが、実際は自分が思っているよりも眠れていることが多くあります。眠っているのに「眠れない」「一睡もしていない」という睡眠時間の自己評価の悪さを「睡眠状態誤認」といい、これもうつ病の気質が背景にあるとされ、睡眠に対して過剰に意識してしまい、やや妄想的な解釈をしてしまうのです。

「明日の朝会議があるのに眠れない」「寝坊をして遅刻をしたらどうしよう」と考えて眠れなくなる経験は誰でも経験はあるのではないでしょうか。「不眠症」になり、このような不安を毎晩抱いていては、心身共に疲れ果ててしまいます。名古屋聖心こころセラピーでは、不安を持ちやすい考え方を修正し「眠れる癖」を潜在意識に浸透させることで質の良い睡眠を目指していきます。 


「薬に頼らず深い睡眠を実現しましょう、心を整えれば容易に可能です。」


不眠症が続いているIさんのケース

Iさんは仕事で疲れているにも関わらず、なかなか寝付けず夜中に何度も目を覚ましてしまい、疲れが取れない状態が長く続いていました。いつの間にか、何とか眠らなくては・・・、と自分を追い込んでしまうようになり、不眠が更に酷くなってきた為に、不眠症の悩みをご相談にいらっしゃいました。

Iさんからじっくりお話をうかがうと、仕事に関する責任感・義務感など精神的な疲れと共に配偶者との折り合いの悪さなどの心的負担がとても大きいことが解りました。仕事に対する考え方や向き合い方を改める認知行動療法北山式ヒプノセラピーを複合的に取り組むことにより、長年染みついたストレスを受けやすい考え方を刷新することができました。

また、毎週スポーツにより体を動かすことで、適度な肉体疲労を与えることで心地よく深く安眠するることができるようになりました。Iさんは、仕事とプライベートの区別をつけて、それぞれ充実した時間を過ごすことができるようになり、不眠を克服することができました。


不眠症・睡眠障害に関連性のある項目