スマートフォンサイトへ
思考修整セラピー

今ある悩み・苦しみの思考を修正し 問題を解決・克服するためのカウンセリング

 
摂食障害  摂食障害には命の危険が伴う「拒食症」があり、 食べる量のコントロールが困難な「過食症」がある。拒食症には自己破壊思想が潜在的にありリストカットをする自傷行為に等しい面がある。
拒食症・過食症いづれも原因があり対策もある。

摂食障害

心理ダイエット

ダイエット対策


摂食障害の原因と克服

生活習慣を変えるダイエット

摂食障害に関連性のある項目


摂食障害

摂食障害
「どうしてわたしはこんなに食べてしまうの?」過食の方には原因を把握できてない感覚の人も多いですね。「ストレスが溜まるとどうしても過食をしてしまう」こんな感じで自覚のある方もおられます。しかし自覚のある方の中でも「根本原因」を理解してる方は殆どいません。当セラピーでよく皆さんがおっしゃられる言葉としては「??そんなことが過食に関係あるんですか??」との反応が多いです。しかし、そのスタンスでセラピーを進行していく過程の中で殆どの摂食障害は収まりを見せて行きます。

食事を摂る量や間食の多さを「節操の無い自分」と感じ、嫌気が差し自己嫌悪に苛まれている方が多く見受けられます。過食による自己嫌悪が増していくと自分の行為を極端に否定するが余り、自己破壊・自傷行為に近い「嘔吐」へという行為に発展していく場合も少なくありません。

そうして過食が進んでいくと胃液により喉の炎症も誘発されてしまい、そうなるともう身体も心も壊れていきます。 また、食べては吐く、吐いては食べるという所謂「過食嘔吐」のパターンに陥ります。次のプロセスでは、食べる行為自体に対し罪悪感を感じるようになり、「拒食」へと移行して行き「過食と拒食」を数年置きに交互に繰り返すようになってしまう場合があります。


摂食障害の原因と克服

過食と拒食、両極端な問題ですが、どちらの原因もも心理的なストレスや、幼少期思春期過ごした家庭環境、親の不理解や愛情の枯渇感などが深く影響しています。

過食や拒食をするようになってしまった背景にはそのような「原因」が必ずあるという事です。 過食と拒食に対する名古屋聖心こころセラピーでの取り組みは、その「原因」をカウンセリングにより解明しセラピーの心理療法により除去することにあります。

過食と拒食とは自分の心の中の問題を「過食」とか「拒食」という形で噴出した「結果」にしか過ぎません。 過食と拒食に対しての根本である「原因」に対して取り組み解決していけば「過食」や「拒食」という現象もやがて収まって行きます。 本来の食事を楽しみ、人生を楽しみながら生きていけるよう、聖心こころセラピーの潜在意識療法ではカウンセリングにより様々な角度から原因を明らかにし、対処していきます。


心理ダイエット

ダイエットが続かない人の多くは食欲でストレスを解消する習慣があるようです。
理性でダイエットしようと考えても、日常の些細なことが原因でストレスを感じると食欲でストレスを解消しようとしてしまうために、どうしても食べてしまいダイエットを続ける事ができません。

その時の食欲をダイエットのためにとひたすら我慢を続けてしまうと、今度はその我慢事態が余計なストレスとなってしまいます。そして我慢の限界を超えた時、「もう止めた!」と我慢していた反動で食べてしまう為に、以前よりもたくさん食べてしまってリバウンドするという悪循環でダイエットを成功させる事ができないのです。


無理なく楽に生活習慣を変えるダイエット

心理カウンセリングとダイエットとは関係なさそうな気がしますが、意外とそうでもありません。ダイエットの為に「運動」「ダイエット食品」など様々なチャレンジを繰り返してる度に自信を喪失されていませんか?まずは自信回復のための継続性の復活、心の整理から始めましょう。当セラピーであなたに適したストレス解消法でリラックスする習慣をつけ、ストレスを減らすこと&ストレスと食欲との関係を断ち切る習慣が身につけば、楽に健康的にダイエットを継続する事が出来るようになります。

通常、人は適量を食事を摂ればお腹は満たされ、それ以上には食べたくなくなります。ですので正常な食習慣を保つことが出来れば、美味しく食事を楽しんでも適正な量だけしか食べないのですから太ることはありません。 無理とか我慢をして食事を制限するようなダイエットは必要無いのです。


ダイエット対策

聖心こころセラピーの潜在意識療法・北山式ヒプノセラピーでは、カウンセリングセラピストの言葉に耳を傾けるだけです。薬を使ったり、毎日何回こういう運動をしなさいとか、これを食べなさいなどと普段の生活や行動をダイエットの為に強制する事はありません。自分自身から「気持ちよく正しい食事」「気持ちの良い運動」「ストレスの軽減」を力むことなく自然に心軽やかに日々積み重ねられる気持ちが湧いてくるようになります。

ダイエットコースでは、個人差があるので回数を先に決められるものではありませんが、大体の目安として5回〜10回程度通っていただくことを前提としています。シンプルに、ダイエット意識を高めて無理なく食事制限へと切り替えられる場合は数回でダイエットコースが必要無くなってしまう場合もありますが、カウンセリングによりダイエットの妨げとなるその他の要因が確認された場合は、まずそちらの要因を解消する事に専念し、その後でダイエット効果を高めていくという段階を踏む必要がある場合もあります。

クライアントの方にとって最も適していると思われる心理的ダイエット意識向上の方法をご提案いたします。


「摂食障害からの脱出は難しいことではありません。解決策は十分に心得ています」