スマートフォンサイトへ
思考修整セラピー

今ある悩み・苦しみの思考を修正し 問題を解決・克服するためのカウンセリング

 
社会不安障害・社交不安障害  社交不安障害・社交不安障害とは、人との関わりを常に恐れ、極力交流を避ける障害である。
動悸・喉の渇き・めまい・吐き気などの身体的症状が現れ、それを避けるために社会から極力離れニート・ひきこもり予備軍へと移行する。

社会不安障害・社交不安障害

社会不安障害の症状・特徴

簡単なチェック

社会不安障害の主な治療法

社会不安障害に関連のある項目


不安を感じる状況

陥りやすい年齢

社会不安障害の原因

社会不安障害からの克服


社会不安障害・社交不安障害

社会不安障害・社交不安障害
社交不安障害社会不安障害)とは、人との付き合い(社交場面)において、他者から悪い評価を受けるのではないか、馬鹿にされるのではないか、など不安を苦痛に思い、職場や友人などの社会生活や日常生活に支障を来している状態を指します。

人前で発表する時に不安を感じる、周囲の人に注目されている時に緊張する、などは誰にでもある経験でしょう。大抵は繰り返しその行為を行うことで慣れてしまったり、一度始めてしまえばなんともなかったりと、不安、緊張は直ぐに解消されて行きます。しかし、社交不安障害(社会不安障害)の方はその不安がいつまでも消えることなく継続し、その影響が身体の症状として現れ、次第に日常生活が困難になる場面が多くなります。

社交不安障害は、少し前までは日本では英語のSocial Anxiety Disorderを直訳した「社会不安障害」という名前で呼ばれていました。しかし、2008年から日本精神神経学会においてより症状に対する誤解の少ない「社交不安障害」という名称を使うように変更がなされました。では、具体的な社交不安障害の主な症状を見てみましょう。


社会不安障害・社交不安障害 不安を感じる状況

目上の人、権威のある人と会話、面談する

人前で何らかの作業や行動ををとる

知らない人と会話する、作業をする

会議で自分の意見を言う

同僚や先輩・上司に質問や頼みごとをする

試験、講習会、セミナーを受ける

食事や遊びに誘われる、または誘う

宴会の幹事や催し物の企画を任命される


強い不安感、緊張に伴って起こる身体的な症状の例

顔がほてる・ 赤面する

息が詰まる

身体や声が震える

口の中がカラカラに渇く

眩暈がする

前日から眠れなくなる

動悸がする

冷や汗をかく

吐き気がする

トイレに行きたくなる

混乱し、動揺する

社交不安障害(社会不安障害)の症状・特徴を一つ一つ取り上げて見れば、ちょっと緊張しただけのことで、その人がただ単に「あがり症」や「恥ずかしがり屋」なだけなのではないか、と思われがちですが「社交不安障害・社会不安障害」という不安障害は決して性格的問題などではなく、気持ちの制御の仕方に問題が生じている状態を言います。

社交不安障害(社会不安障害)の特徴に、本人にも「自分の不安は過剰だ」という自覚があるという点が挙げられます。性格の場合は本人に自覚がない場合も多いのですが、社会不安障害の方は自覚がある為「自分が緊張してしまうこと」がまたネガティブな評価を生み出すのではないかと不安に思い、更に恐怖をつのらせます。こうして症状が悪化していくと、自身が恐怖を感じる場所、恐怖を感じる状況が起きそうな場所へ行くことを避けるようになっていきます。

何らかの理由でどうしてもその場所へ行かなければならなくなった場合、その場所に行く前から不安を覚え、いつも以上にもっと(実際はそれほど注目されていなかったとしても)注目されてる、評価されている、と感じ、周囲の目が気になって仕方がなくなります。

恐怖の対象が学校や職場になることも非常に多く、その場合は本人の生活に支障をきたすようになります。また、辛い気持を少しでも軽減しようと、お酒を飲む、煙草を吸う等の特定の行動を繰り返すうち、その行動の依存症に陥ってしまうこともあります。(アルコール依存症・買い物依存症等)


社交不安障害・社会不安障害に陥り易い年齢

社会不安障害は、精神疾患の中でも若い人がかかりやすいものだと言われています。特に思春期である10代半ばから発症することが多いようです。その一方で、仕事での昇進、栄転などで人と接する機会が増える30〜40代で発症される方も少なくありません。

思春期前に社会不安障害を発症するケースもあります。その場合、特徴として述べた「自身の不安は行き過ぎている」という認識が例外的に出来ていないことがあります。その場合、知らない人と接するのを怖がる、知らない人と会うのを嫌がる等の形で症状が現れます。


簡単なチェック

以下の項目に全てあてはまる場合、社交不安障害の可能性があります。

人前での行動(食事、スピーチ等)人から注目されていると思うと、怖くなり、戸惑う

人前での行動から起きる不安は、自分でも過剰だと思う

不安に思う対象、状況を避けてしまう、じっと我慢して耐える程に辛い

不安感によって社会生活に支障をきたしている。または著しい苦痛を感じている


社会不安障害の原因は?

現在も研究が進められていますが、医学的・病理的にははっきりとした原因が分かっていないのが現状です。仮説として、気分を落ち着かせる物質や、緊張を促す物質の生産されるバランスが崩れてしまっているから、という説や、脳の恐怖の信号を伝える部位が過剰に反応している(何故かは不明)、という説が存在します。

このように病理的・生理学的な原因は解明されていません。しかし、何故特定の対象に恐怖や不安を感じるのか、という点では、本人の経験や育ってきた環境に原因を見つけられることが殆どです。また、自分自身で原因が分らないからといって「この症状は治らないんだ」と諦める必要も全くありません。克服への療法は存在します。


社会不安障害の主な治療法

社会不安症の治療法には大きく分けて精神科や心療内科で行う薬物療法・セラピーなどで行う精神療法が存在します。

薬物療法 (病院)
脳内物質のバランスをとる薬を用いることで、症状を緩和する薬があるようです。よく使用される薬物として「抗不安剤」「精神安定剤」などが挙げられます。

しかしあくまでも薬物療法は対処療法の場合が多く、根本療法とまでは難しいのが現状です。その理由はこの社交不安障害・社会不安障害の場合には「考え方・捉え方」に問題がその大部分を占めています。薬で考え方や捉え方が変わる訳が無いため、ここに薬物療法の限界があります。医師の指示に従い対処療法である薬物療法を受けつつ根本問題に対しての精神療法を併用することをお勧めします。

精神療法 (セラピー)
当、名古屋聖心こころセラピーで行うものです。
精神療法でよく行われるものとして「認知療法」「行動療法」などが挙げられます。

「認知療法」は何故自分が不安や恐怖を感じるのか、自分の思考の流れを理解し、不安を感じにくいような考え方、認識を身につけていきます。そうすることで、自身の不安に思う気持ちを意識的に、ゆくゆくは無意識にコントロールしていけるようにします。

「行動療法」では不安を引き起こす対象や状況にあえて飛び込むことで、徐々に不安を起こさないように気持ちを慣れさせていく「暴露療法」が一般的です。


社交不安障害・社会不安障害からの克服へ

社交不安障害・社会不安障害は本人にとってはとても辛いものです。人生に人との関わりは不可欠です。その最重要項目に不備があっては人生そのものが楽しむどころか苦痛となってしまいます。この問題の克服は思う程難しいものではありません。ほんの少しだけ勇気を持って是非お越し下さい。不安を期待にどんどん変換して行きます。

聖心こころセラピーでは、上で挙げた「認知行動療法」の他に「潜在意識療法」「ヒプノセラピー」等を組み合わせることで、その人に最適な手段を用い、社交不安障害・社会不安障害からの脱却へ導きます。


「社会不安障害・社交不安障害からの脱却へのプログラムは確立しています」


社会不安障害・社交不安障害に関連性のある項目