トラウマのカウンセリングは名古屋聖心こころセラピーへ


名古屋 トラウマ

トラウマ・心的外傷        writing by Kitayama

トラウマは、精神医学的には「心的外傷」と言います。いわゆるトラウマとは「過去の体験によるこころの傷」ということになります。
最近では「トラウマ」の例を比較的身近な体験で捉える事が多いようですが、本来、トラウマの典型的な原因としては「虐待」「強姦」「戦争」「犯罪」「事故」「火災」等の悲惨な出来事や、水害・地震等による天災等の大きな自然災害による体験などが挙げられます。

私たちは日々、生活の中で様々な刺激や衝撃、ストレスを感じながら生きています。しかし、適度なストレスは本人がより良い方向に向かう原動力ともなる場合も多く、ある程度の大きなストレスであったとしても、徐々に忘れていったり、やり過ごしていけるようになり解消してしまう事も多いはずです。ところが、余りにも大きなストレスを受けた場合には、本人の持つ対処能力では処理で出来なくなる場合があります。人は自分の対処能力を大きく超えた脅威(例えば震災、天災、身内の不幸等)を目の当たりにすると、自分自身に対して「大きな無力感」「虚無感」を感じます。この感情が、余りに大き過ぎ、理性ではとても整理できないようなものであれば「心的外傷(トラウマ)」となり潜在意識の中に棲みついてしまいます。これは、事件が起きた直後にトラウマになるとは限らず、数週間〜数年後に悪夢やフラッシュバックという形で突然事件の記憶が蘇り、その記憶がトラウマとなってしまうこともあります。
そして、トラウマとなった出来事が起きてからかなりの時間や年数が経過したとしても、心身への影響が無意識下に残っている為に、日常生活において回避的になったり、災害時のフラッシュバック等から情緒不安定になったりと様々な問題が引き起こされます。このようにトラウマによって精神に変調を来すこと、その症状を心的外傷後ストレス障害(PTSD)といいます。

人は生きていく上では、ある程度の「現状が続いていく」という安心感を抱いています。しかし、震災、虐待、戦争等を体験すると、その考えが打ち破られ、生きていく上での安心感を喪失してしまい、常に心が張り詰めた状態になってしまいます。




 トラウマの分類   

トラウマとなった出来事を「外傷体験」、外傷体験に関する出来事を「外傷記憶」と言い、外傷体験の種類により心的外傷は下記の4つに分類することが出来ます。

 事故、怪我等による「身体的外傷」、

 中傷、罵倒等による「言語的外傷」、

 性的虐待等による「性的外傷」、

 震災、身内の不幸等の「その他の外傷」

また、外傷体験といっても一度の大きな出来事のみとは限りません。例えばいじめや様々な形の虐待等が、長期間に幾つもの小さな傷をジワジワと心に刻んでいき、成人してから多様な症状を引き起こす事が発見されるようになりました。この長期間に渡るトラウマになる出来事に対して「複雑性トラウマ」「複合性トラウマ」という概念が提唱されています。




 こころの傷は見えない   

心的外傷は「こころの傷」です。ですので、例え同じ出来事が別の人に起きたとしても全ての人が心的外傷を負う訳ではありません。こころの持ちようにより、出来事の受け取り方、対処の仕方が違うからです。
故に、本人が心的外傷を訴えた時に「そんなこと誰にだってよくあるよ」「考え過ぎだよ」と言って真摯に受け取られない場合もよくあります。場合によっては「それはお前に根性が無いからだ」等と言われることもあるかも知れません。訴えた側は勇気を出して訴えた自身のこころを否定されるのですから、更に傷つくことになります。これを「外傷体験の二次被害」と言います。二次被害は心的外傷に対する理解不足から起こるものです。




 トラウマは無意識に追いやられた記憶   

外傷体験というのは、自分のこころでは対処し切れなかった出来事です。処理がうまく出来なくても、脳は自分のこころを守る為にその記憶を無理に意識の外に追いやろうとします。そうすることで、外傷体験が無意識に溜めこまれ、制御できないまま、フトした瞬間にフラッシュバックを起こしたり、特定の出来事に対して過剰な反応を起こさせたりします。

無意識に追いやられた外傷記憶が、震災、事故等、トラウマの原因をはっきりと自覚しやすいものである場合はまだ良いのですが、虐待、いじめ等、はっきりと原因だと自覚し辛い体験も存在し、その場合状況は少々複雑になります。
外傷体験が何か自覚できないと、無意識に蓄積されたトラウマによって起こるPTSDの症状に対し、自分に問題があるのではないのか?と考えてしまいます。また、外傷体験をトラウマとして捉えられていない場合、大抵トラウマとなる体験を招いたのは自分の責任だと思い込んでしまいます。本来、外傷体験は、(ある程度本人にも原因の一部があったにせよ)トラウマとなるような体験を起こした相手(例えば、子に対して言葉の暴力等の親など)に問題があります。
しかし、外傷体験をトラウマとして捉えられていないと、本人はトラウマとなる出来事を起こした相手から離れる必要性を感じず、何とかして自分の問題点を改善して、相手に受け入れられれば辛い体験をしなくなると考えます。そうして、相手に受け入れられようと更に様々な感情、記憶を無意識に押し込んでいきます。これが悪化すれば、自己嫌悪感を自分に抱くようになってしまいます。
また、溜めこんできた感情や記憶が一度に噴出し、突然過激な行動をとってしまったり、自身の子どもや周囲の人に対して自分が受けたのと同じ仕打ちを無意識のうちにしてしまう負の連鎖に陥りやすくなります。




 トラウマと向き合う   

トラウマの軽度・重度の如何に関わらず、トラウマがある場合には、放置しておくことは本人の為に決して良い事とではありません。時間が経っても薄れない記憶だからこそトラウマと言うのです。
また、原因が良く分からないけれど気分がずっと落ち込んでいる、辛い思いが消えない、という方でも、無意識の中にトラウマが隠れている可能性も少なくはありませんので、生活していく中での不安、違和感がぬぐえない場合は一度カウンセリングを受けてみることをお勧めします。
トラウマを解消していくためには、自分の中に眠っているトラウマが何なのかをはっきりと認識しなければなりません。忘れ去りたいと思う程の、無意識に追いやってしまいたい辛い記憶ですので、自分自身のトラウマと向き合うのには勇気がいる事と思います。しかし、トラウマを解消していく中で生じる辛い気持ちのケアもしっかりと行いますので、安心して自身の気持ちと向き合って下さることをお勧めします。 潜在意識に入り込んでしまった「トラウマ」という大きなこころの傷に対し、名古屋聖心こころセラピーでは適切な心理カウンセリング潜在意識療法北山式ヒプノセラピーなどを必要に応じ複合的に組み合わせたセッションを行っています。カウンセリングセラピストによる適切なカウンセリング&心理療法により、慎重に、確実にトラウマ「こころの傷」を癒しながら減少に向かい、以前のような心穏やかな楽しい日々に戻っていけるよう対応させていただきます。



「トラウマを抱えながらの人生は辛いものです、
その視点に変化を与え、こころ穏やかな日々を取り戻しましょう、」


カウンセリングの名古屋聖心こころセラピートップページへ

TEL:052-951-7133

コンテンツ
心理カウンセリング
北山式心理療法
潜在意識療法
ヒプノセラピー
認知行動療法
自律訓練法
メンタルヘルス
EAP(従業員支援プログラム)
その他の療法
カウンセリングセラピストプロフィール
カウンセリングセラピールーム
名古屋聖心こころセラピーQ&A
名古屋聖心こころセラピーDATA
お申し込み・ご予約について
料金のご案内
ご案内図
プライバシーポリシー

聖心こころセラピーカウンセリングセラピストブログ


予約カレンダー

聖心こころセラピー「アシスタント日記」

北山ゴルフクラブ


カウンセリングの名古屋聖心こころセラピー






携 帯 サ イ ト 入 口


QRコード

●サイトマップ●

愛知県名古屋市東区泉1-7-35
廣文社ビル3階
栄TV塔近く

    カウンセリングの名古屋聖心こころセラピー

Copyright (C) 2008 Nagoya Seishin Cocoro Therapy.All Rights Reserved    当ホームページの画像を含むコンテンツの全部または一部を無断転用・転載することは法律で禁止されています。