スマートフォンサイトへ
思考修整セラピー

今ある悩み・苦しみの思考を修正し 問題を解決・克服するためのカウンセリング

 
  自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経が 正常に機能せず、気分や身体に症状が現れます。
症状の主たる原因には心因性が挙げられます。 「性格的傾向」が主な起因となり、不安・緊張 が身体に内在化し、自律神経を乱すことになる。

自律神経失調症

自律神経失調症 診断チェック

体の痛みでお悩みの方のケース


交感神経と副交感神経

心と体は密接に関係しています

自律神経失調症に関連性のある項目


自律神経失調症

自律神経失調症
肩が凝る、頭が痛い、お腹が痛い、身体が冷える・・など、「病院や鍼灸・マッサージに行くが解決しない」と身体の変調による悩みの原因が「心因性」ではないかと疑い、当セラピーに相談に訪れる方が増えています。

自律神経の特徴には、めまい・頭痛・息切れ・動悸・肩首のこり・冷え、などに代表されるような症状が、個人個人により様々な身体的特徴として現れます。

そのため、病院で診察を受け検査をしたとしても特に疾患は見つからず、先生には「自律神経失調症」もしくは女性であれば「ホルモンの乱れ」「更年期障害」、或いはストレスや抑うつが原因と判断され「心療内科で一度受診を」とも言われる場合も少なからずあるようです。


交感神経と副交感神経

交感神経
交感神経とは、活動神経であり仕事・学業・運動・家事のような作業などに代表される、活発に何かに集中する場合に主に使われる神経です。

副交感神経
副交感神経とは、リラックス神経であり、公園のベンチに座り樹木の緑を眺めているような寛ような、交感神経以外の活発に行動を取る必要の無い時間を主に使われる神経です。

自律神経失調症とは、上記の状況が逆転している状態を指します。

公園のベンチで緑を眺めている時間に、活発な交感神経が働けば全く寛ぐことは出来ず、イライラ、ソワソワ、首や肩こりが気になり不安を感じている状況が生まれます。

また逆に仕事や勉強、家事育児の時間帯に交感神経が活動すべきなのに、副交感神経が働けば、ヤル気が起きず、けだるく、気分が沈む結果に陥ります。

このように交感神経とは副交感神経が逆転、もしくは乱れることにより自律神経が不安定となり「自律神経失調症」と言う認定となります。これを放置すれば、家事育児・仕事・学業などに相当な不都合が生じことになるので、当然、早期の改善が望まれます。


自律神経失調症 診断チェック

首肩のコリが日常的である

めまいが時々起こり倒れそうになる

下痢、もしくは便秘が日常的にある

偏頭痛が時折起こる

耳鳴りが時折起こる

吐き気をもよおす時がある

身体が冷えやすく特に手足の指先が日常的に冷たい

冬などの寒い時期にも汗が出る

動悸が度々起こる

気分が落ち込みやすく沈みがちな日が多い

クルマやで電車などの乗り物に酔いやすい

起床時に疲れが残り身体が重く気怠い

皮膚に湿疹やかぶれが起こりやすくデリケートである

天候や季節や湿度などで気分や体調が不安定になる

台所作業などの軽度な作業でも非常に疲れやすい

一旦食欲が落ちると食欲不振の日々が継続する

病院では異常がないと言われたのに、上記症状が続くようなら自律神経失調症が疑われます。


心と体は密接に関係しています。

例えば、彼氏とケンカをすると体調も崩れがちになり、仲直りすると体調が良くなったという経験は誰にもある事です。また、家庭や職場で大きな不安や緊張から身体が硬直してきたり、身体が冷えまた呼吸も浅くなったりもします。しかしそれが解決されると心は基より身体まで一変しそれらの状態から解放される事は珍しくありません。

しかし、問題の解決が長引いたり難しかったりすると身体の変調を宿しこのような外的要因により体調を崩してしまい、なかなか元の状態には戻らなくなってしまう事があります。

「病は気から」と言いますが、外的要因により負担の掛った潜在意識の負の働きは相当に大きなものなのです。
偏頭痛や肩こり、生理痛なども気分によって痛みが増したりすることがありませんか。
特に病院では異常がないと言われたのに、痛みがなくならない場合は精神的なストレスに原因があると思われます。

心理カウンセリングを受けて頂き問題点の把握を踏まえた上で心の内面による潜在意識に働きかけると共に外面による身体的リラクゼーションも交え複合的に身体の変調の改善に取り組んでいきます。


体の痛みでお悩みのEさん(女性)のケース

Eさんは、「体中が痛くて病院や治療院に通ったりしたのだけれど、なかなか良くならなくて・・・」と重い表情で悩み相談に聖心こころセラピーにお越しになり心理カウンセリングを受けて頂きました。Eさんは身体の痛みを感じ出して3年経過しているとの事でした。職場で重要な位置についているため、体の痛みに堪えながらも仕事を行い、気丈に振舞っていましたが体中の痛みの為私生活においてはかなりの行動に制限がありました。

カウンセリングでお話を伺う中で、Eさんは1つの物事を深く掘り下げて考える傾向があることがわかりました。1人暮らしということもあり、職場やプライベートでのストレスをしまい込むようになりました。そのために、無意識のうちに体の痛みに意識を集中させることで、根底にある心の痛みを覆い隠そうとしたと考えられます。

カウンセリングやセッションを繰り返していく事により、Eさんは様々なストレスをコントロールする方法を身に付けて頂きました。次第に心の痛みが軽くなり、やがて体の痛みも和らいでいきました。通い始めた頃と比べてずいぶん明るくなり、喜んでいただきました。


 
自律神経失調症に関連性のある項目