スマートフォンサイトへ
思考修整セラピー

今ある悩み・苦しみの思考を修正し 問題を解決・克服するためのカウンセリング

 
心理療法  北山式心理療法とは、カウンセリングによる新たな思考を自分の精神に届ける複合的な心理療法であり、認知行動療法・潜在意識療法やヒプノセラピーなどを織り交ぜる心理療法で情緒的思考から論理的思考に移行することを促します。

北山式心理療法

心理療法に関連性のある項目


提案協議型心理カウンセリング


心理療法

北山式心理療法
心理療法とは、人を「身体」と「心」の2つに分けて考えた時の「心」を治療する為の言葉として生まれました。 病院治療との大きな違いは薬物を用いない療法と言う事です。不安や心の悩みなどの問題の解決や心の健康を取り戻す目的とする理論や技法を心理療法と呼んでいます。

具体的に心理療法では、カウンセラーは傷ついててしまったクライアントの方の心を支え、良い方向へと導き、客観的な情報を与える事でクライアントの方が本来持っている自己治癒力で心の傷が癒されるよう働きかける事をしていきます。

薬物に頼らない心の土台を組み立てていく心理療法というものには数多くの手法があり、名古屋聖心こころセラピーではクライアントの方の直面している心の問題点に対して最も有効とされる心理療法を複合的に用いていきます。
人間関係が希薄で一つ一つの問題も複雑化してきている現代においては、自力での問題解決が出来ない方が増え、うつや不眠に陥りやすくなりがちです。また その人の育ってきた環境や人間関係などが原因で、自己解決能力を阻害してしまう場合もあります。

薬物に頼らない心理療法は現代社会においては非常に有効なものとなります。豊富な知識と技術を持ったカウンセラーによる心理療法は日常生活での様々な問題に立ち向かう為の心強い支えとなります。


聖心こころセラピーの心理療法は提案協議型心理カウンセリングです。

一般的に心理カウンセリングは主に傾聴法(来談者中心療法)を用い、ひたすらクライアントの方の言葉に耳を傾けることが多いのですが、それでは改善までに長い月日と多くの費用が掛かってしまいます。

聖心こころセラピーの心理カウンセリングで現状の悩み苦しみをお聞きし、ご相談の上改善方針を立てます。その後提案協議型、つまりカウンセラーが幾つかの考え方の提案を示し、クライアントの方がその考え方を納得し受け入れることのできる考え方を採択する意志を持っていただく為のカウンセリング手法ですが、この手法により今すぐ改善したい悩みや苦しみに対しては積極的にあなたとカウンセラーとの共鳴心理を利用し、気持ちの切り替えをいっきにしていただきます。

その後、悩みの根元である何らかに影響を受けた 「自分に無理のある考え方」 「自分に必要でない考え方」 を排除していき、それに代わる 「自分に無理のない考え方」 「自分に必要な考え方」 ができるように 「考え方」 の再構築を行い、生涯悩みの渕に陥らないために、しっかりとした心の土台作りにじっくりと取り組んでいきます。

このようにカウンセリングと潜在意識療法を用い素速く結果を出すのが聖心こころセラピーの「北山式心理療法」です。

聖心こころセラピーにいらっしゃる方は、個人差はありますがおよそ5回〜7回程で改善を実感できることは珍しくありません。あなたの大切な時間とお金を無駄にしないよう、長年積み上げた経験を生かした最善の方法で対応し、一刻も早く結果をだすことを最優先としています。


心理療法に関連性のある項目